*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王女の男」あらすじ24話のその後に>

「王女の男(姫の男/公主の男)」の最終回までのあらすじレビューを終了しました。
最後までお読みくださった方、どうもありがとうございました。

フュージョン史劇なだけあって非常に現代的な感覚を取り入れてつくられているので
古くさ~~い大河ドラマを見ることが多かった私には新鮮でした。
何度も「んなバカな~」と突っ込んだ部分もありましたけどね。

同じ時代を描いた「王と妃」は政治劇の部分もとてもおもしろかったのですが、
このドラマは重臣たちの微妙な力関係なども描いておらず、
あの仁粹(インス)大妃も定順王后(端宗妃)も登場させず、
あくまでもキム・スンユとイ・セリョンのLOVEだけに焦点を絞ったドラマ。
ですので「王と妃」をご覧になっていない現代ドラマファンの方が見ても
時代背景の理解が難しいということもなく十分に楽しめる内容だと思います。
(でもNHKってある程度の年齢の視聴者が多そうなのですが
このラブストーリーで視聴率とれるのかな?とちょっと疑問だったりします)

もちろん「王と妃」をご覧になった方は、
あの出来事がこんなふうにアレンジされているのね~と
にんまり笑いながら楽しむことも可能ですね。
まあでもやっぱり私の好みとしては「王と妃」のほうが絶対的に上なわけで、
「王女の男」は「王と妃」のスピンオフ短編として楽しませていただきました。

スンユ役のパク・シフさんはこのドラマで初めてお見かけした方なのですが、
先日Gyaoで現代劇に出ているのを一瞬だけ見ました。
感想は・・・時代劇のほうが断然カッコイイ!です。
スポンサード リンク
<「王女の男」の公式ガイドブックを買いました!>  | HOME | <「王女の男」 24話(最終回) あらすじ>

スポンサード リンク


いつも日本の方としての歴史ドラマ感想記、非常におもしろく読んでいます。 (^^)

最近、敬恵公主の分財記(財産を分ける文書)が発見されたといいます。 この分財記によれば、野史またはドラマとは違うように、彼女は官婢にならなくて死ぬ時まで公主(王女)の身分を維持したようです。 当時朝鮮には連座制があったが、朝鮮王朝実録にも世祖が敬恵公主と彼女の子供には連座制を適用するなと命令したという内容があるといいます。


translate.ocn.ne.jp/LUCOCN/c3/location.cgi?URL=/LUCOCN/c3/hf.cgi%3fSURL%3dhttp%253A%252F%252Fnews.chosun.com%252Fsite%252Fdata%252Fhtml_dir%252F2012%252F07%252F24%252F2012072403055.html%26XTYPE%3d1%26SEARCH%3dT%26SLANG%3dko%26TLANG%3dja&CHECK2=hm
[ 2012/07/25 15:08 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント