*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王女の男」 23話 あらすじ>

取り出した指輪をイ・セリョンの指にはめながらキム・スンユがプロポーズします!
「妻になってくれるか?」「夫になってくれますか?」とセリョンが求婚返し。
これでオレたちは夫婦だ・・・と抱き合う二人の影が重なり、夜が更けていきます。
(最後のほうでセリョンが胸焼けするシーンが出てくるので多分これでご懐妊♪)

セリョンが私邸に戻ると、療養中の世子スン(桃源君)が笑顔を見せて喜びました。
駆けつけてきたシン・ミョンは、スンユのことを「夫」だと宣言されてムカッ。
心はムリでも体はオレのものだ!と怒っていると、桃源君が現れて姉をかばいます。
セリョンが戻ったと知った世祖は、スンユの行方を聞かねば!とプリプリお怒り。
世子が笑って歩いたのですよ!許してください!と王妃(貞熹王后)が止めます。
しかし世子の病は悪化するばかり。端宗と文宗の幻に呼ばれるように逝去しました。
セリョンが世子を追い詰めた!公主だった記録を消せ!と世祖が承旨に命じます。

咸吉道(ハムギルド)でイ・シエとスンユが反乱を起こし、節制使を倒しました。
(イ・シエの乱は「王と妃」ではここの最後のほうから始まりここに続きます)
これもシン判官がスンユを消せなかったせいだ!最後のチャンスを与える!と世祖。
ミョンは新しい節制使に任じられ、奴婢セリョンも連れて行くことにしました。
もうミョンなどどうでもいい世祖は、ハン・ミョンフェに「必ずスンユを消せ」。
世祖の変心を嗅ぎ取ったシン・スクチュも同じことを息子に言い含めるのでした。

ウングムとヨリが見守る中、いまや官婢になった敬恵公主が男の子をご出産。
亡き夫チョン・ジョン(寧陽尉)が遺した「眉壽(ミス)」という名をつけます。
「セリョンが咸吉道で危険な目に会ったらどうなさるおつもりですか?」と
主を失った東宮殿で飲んだくれる世祖(またド派手服着用)に意見する王妃。
世祖にはねつけられると、敬恵公主の家にみずから出向いてこれまでのことを謝り、
身分を回復させるから子供のために宮殿に戻るか寺で暮らしなさいと話します。

今回はチョ・ソクチュの過去が明らかになりました。彼の故郷は咸吉道で、
咸吉道に赴任していたキム・ジョンソがソクチュの両親を免賤してくれたそうです。
そんなソクチュやスンユたちはミョンが率いる官軍に華々しく先制攻撃を仕掛け、
都から来たハン・ミョンフェは「セリョンを餌におびき出せばいいじゃないか♪」。
その作戦を知ったセリョンが馬を走らせ、反乱軍のアジトがある森へ急ぎます。
こいつシン・ミョンの使用人だぜ?スパイじゃん?とイ・シエたちは始末を決定。
もちろんセリョンが斬られる寸前にスンユ(現れ方が不自然)が救ってくれ、
セリョンの目隠しをすぐに取ればいいのに取らず、視聴者をジラすのでした・・・。
スポンサード リンク
<「王女の男」 24話(最終回) あらすじ>  | HOME | <「王女の男」 22話 あらすじ>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント