*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王女の男」 22話 あらすじ>

イ・セリョンに刀を突きつけ、「キム・スンユ出て来い!」と叫ぶシン・ミョン。
彼は行きました!とセリョンがかばい、そこへ敬恵公主夫妻が現れて抗議します。
するとスンユの放った矢がミョンの肩に当たり、その隙に二人は逃げ出しました。
チョン・ジョン(寧陽尉)はミョンと揉み合うちに、袖に入れといた手紙をポトリ。
錦城大君たちとの謀反計画がバレてしまい、漢城府にぶちこまれちゃいました。

面会に来た敬恵公主に、助けたければスンユの居場所を教えろと持ちかけるミョン。
公主は自分のおなかにジョンの手を当て、「生きたくないですか?」と聞きます。
けれどもスンユがここに来たら共倒れになってしまうと考えているジョンは、
首陽(スヤン)に立ち向かう奴がいなくなるから刑の執行日を伝えるなと説得。
(今回のイ・ミヌさんは「龍の涙」時代を彷彿とさせるステキさでした!)
その夜、ジョンは紙と筆を所望し(ミョンが許可)、子供の名をしたためます。
そしてこの世を旅立つ日、漢城府を出たところで待っていたミョンに話しました。
「お前を憎んだが嫌ったことはない。スンユも可哀想だがお前も可哀想だな・・・」。

世祖の前に連れて行かれたジョンは、「スヤンよ、よく聞け!」と世祖を嘲笑。
「オレが死んでもお前を夢の中で苦しめてやる!子孫も苦痛を味わうはずだ!」。
いつもより念入りに化粧した敬恵公主が見守る中、肢体を裂かれるジョンでした。
ジョンと公主の意向で今日のことを隠されていたスンユは、親友の死を知って呆然。
ひとしきり部屋に閉じこもり、セリョンとイチャイチャした後、決意を新たにします。

錦城(クムソン)大君(世祖弟)と魯山君(ノサングン=端宗)に賜薬が下され、
敬恵公主は官婢になりそう。ちょっと前まではお姫様だったのにお気の毒ですね。
世子(桃源君)の病が重くなる中、セリョンと王妃(貞熹王后)はお寺でばったり。
居場所を話さないセリョンを力ずくで宮殿に連れ戻さない王妃が不可解すぎます。

スンユとパク・フンスらは協力者イ・シエのいる咸吉道(ハムギルド)行きを決定。
ところがセリョンの正体を知った仲間たちは、“スヤンの娘”を受け入れません。
馬に乗りたいとセリョンがせがみ、遠出した二人は、恒例の雨宿りシーンに突入。
雨が降って冷えると背中の矢の傷が痛むようで、セリョンがそっと気にしています。
スンユの会合を聞いていたセリョンは「私は行きません、お待ちしています・・・」。
チョゴリを脱いでいだセリョンの背中の傷に、今回はスンユが口づけしちゃいます!
スポンサード リンク
<「王女の男」 23話 あらすじ>  | HOME | <「王女の男」 21話 あらすじ>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント