*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王女の男」あらすじの合間に>

朝鮮版ロミジュリストーリー「王女の男」のあらすじも半分まで進みました。

「王女の男」のあらすじは他のドラマよりかなり気軽&気楽に書いています。
これは私の中での違いなので記事に反映されているかは謎ですが、
実は他のあらすじの場合は私なりに調べて確認して書いたり
歴史用語や重要人物の官職はできるだけ漏らさないようにしたり
味のあるセリフは長くなってもいいから書き留めたりしています。

名言といえば「王には王の物差しがある」「明日には明日の物差しがある」
「豆腐にも骨があると申します」「硬い鉄(竹?)は折れやすい」などは
ワタシ的にはもうたまらないセリフです。(いつか使ってみたい!)

でも正直「王女の男」については、
細かいことはどーでもいいかなと・・・。
首陽大君は絵に描いたような悪役だし、シン・スクチュもクォン・ラムも悪代官。
ヒロインのセリョンも両班お嬢様なのにかなりアクティブ。
時代背景は「王と妃」でだいたいわかっているし、
官職やセリフよりもノリを楽しんだほうがよさそうだと思ったのです。
ということで私としてはいつもよりラフ&テキトーにあらすじを書いております。

それから、「王女の男」はフュージョン史劇なので
「王と妃」と比べながらアレンジ具合を楽しんで見ています。
たとえば癸酉靖難のエピソードの脚色としては、
キム・ジョンソに見せようとした手紙がスンユのラブレターになっていますね。
いつまで経っても桃源君の隣にヨメ(仁粹大妃)が出てこないなーとか
(まあこのドラマでは出てこないのでしょうけど)
「王と妃」を見ていればこそのプチ突っ込みも楽しいドラマです。

あと、スンユの方に関しては人気があるのもわかります。
涼しげで柔和でキレイな顔ですよね。(及川ミッチーっぽい?)
12話で追われる身となってロン毛になったときには
ヒロインのセリョンより明らかに美女だったのでびっくりしました。
セリョンの女優さんについては「目が大きい」とは思いますが、
しゃべり方もオーラ的にも、うーん・・・(ファンの方すみません)。
これから盛り上がってくるにつれてまた違う魅力が出てくるのかもしれません。

こんな感じで、お気楽かつ楽しく「王女の男」を視聴したいと思っています♪
スポンサード リンク
<「王女の男」 13話 あらすじ>  | HOME | <「王女の男」 12話 あらすじ>

スポンサード リンク


おもしろいという話なので見てみたいのですが、NHKは吹き替え。
早く字幕でやらないかな。と待っております。
フュージョン史劇もそれなりに楽しいので、それはそれなりに楽しみです。

それよりも、この時代で仁粋大妃が出ないなんて!
と思いましたが、よく考えたら頭角を顕す前の時代に当たるんですね。
[ 2012/07/05 22:20 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント