*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王女の男」 12話 あらすじ>

なぜかケンカが強いキム・スンユは父を手にかけた刺客の一人ハムギを見事に倒し、
一緒に船に乗せられた仲間であるチョ・ソクチュたちと逃げ延びます。
が、仲間を失ったチルガプたちは半狂乱でスンユたちの居場所を突き止めます。
そこでソクチュはスンユを斬って崖から突き落としたふりをして難を逃れました。
一度はスンユを裏切りかけたワン・ノゴルもこれからは仲間になりそうですね。
島を出たソクチュは仕切っている麻浦の「氷玉館」に戻り、スンユを療養させます。
行首がチョヒで、ムヨンは女装妓生、スンユを看病した若い妓生がソエンです。

シン・ミョンとの婚礼を控えるイ・セリョンですが、ノリノリなのは妹セジョンだけ。
錦城大君はその婚礼の日に決起して兄の首陽(スヤン)大君を討つ予定でした。
敬恵(キョンヘ)公主とチョン・ジョン(寧陽尉)もその計画を一応承認します。
でもハン・ミョンフェはちゃんと錦城大君サイドに間者を忍ばせ済みなのでした。

首陽大君は端宗と敬恵公主の面会をシャットアウトし、人事異動も好き放題。
シン・スクチュを左承旨、クォン・ラムを同副承旨、温寧君を宗親府の代表に任じ、
癸酉靖難で手柄を立てた者を功臣に封じ、大逆人の家族を功臣の奴婢にさせます。
こうしてスンユの兄嫁リュ氏と姪のアガンは温寧君の家で働かされることに。
それを知ったセリョンは二人を勝手に連れ出してお寺に連れて行きました。
ところが「スンユたちの乗った船が沈没した」とリュ氏に教えられて大ショック。
温寧君宅からキム・ジョンソの家族が消えたと知った首陽大君はセリョンを疑うも、
シン・ミョンに説得されて考え直し、リュ氏が命を絶ったことにしました。

婚礼の付き添いをチョン・ジョンに断られ、敬恵公主からもなじられたシン・ミョン。
セリョンとの婚礼の日を延ばしてくださいと自分から首陽大君に申し入れました。
チョン・ジョンが不眠な公主の隣室で宿直中・・・まだ交わってないのでしょうか?

ある日リュ氏とアガンの姿が寺から消え、セリョンが思わずミョンをなじりました。
でも実はミョンが安全な家にかくまっていたと知り、誤解していたことを謝ります。
いつまでたっても自分に心を向けてくれないセリョンをミョンが思わず抱きしめ、
傷が快復して町を歩き回っていたスンユがその抱擁シーンをばっちり目撃でーす。
スポンサード リンク
<「王女の男」あらすじの合間に>  | HOME | <「王女の男」 11話 あらすじ>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント