*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「正祖大王 -偉大なる王の肖像-」あらすじ 28話(最終回)>

よく戻れたな!と冷たいヤンに、信者になってください!と願うKYなユン・ボベ。
神父のもとに帰るか首を切れ!と家系図を突き返してヤンが追い出そうとすると、
信者は自決できないのであなたの手で殉教させてください・・・と泣きます。

大王大妃(貞純王后)が従兄弟キム・グァンジュと府院君(予定)キム・ジョスンに
五家統治(オガトンチ)=五家作統法(オガジャクトンポペ)の施行を命じました。
これは成宗16年に領議政ハン・ミョンフェの上奏でできた、5世帯1組の監視制度。
もちろん天主教を効率的かつ徹底的に取り締まるのが大王大妃の目的でした。
こうして純祖元年(1801年)辛酉(しんゆう)年の辛酉大迫害で捕らわれたのが
クォン・チョルシン(鹿庵)、イ・ガファン(錦帯)、イ・ スンフン(蔓川)たち。
チョン・ヤクチョンは、殉教の様子を記録して北京へ送れとファン・サヨンに命じ、
オ・デインには書物を持ち出せと指示して自分と仲間に起こる悲劇に備えます。
亡き息子イ・ビョクが天主学に関わっていたため辞職を願い出たイ・ブマンは、
辞職は許さないわ!あーたが審問するのよ!と大王大妃に命じられて可哀想です。

2月21日、67歳のクォン・チョルシンが厳しい取り調べに耐えかねて逝去します。
イ・イクの弟子で、南人派でもっとも年配の指導者だったクォン・チョルシンは、
天真庵で講学会を主導した人物でもあり、天主学の柱ともいえる存在でした。
5日後、チョン・ヤクチョン、イ・スンフン、チェ・ピルゴン、チェ・チャンヒョンら
指導者6人が西小門の近くで処分され、次はついに女性が標的に!?という流れに。
両班の女性まで捕えるというのは前代未聞だそうで、大臣たちもちょっとびっくり。
先王の築いたものが台無しにされ、恵慶宮も大妃(孝懿王后)も落ち込みます。
「幼い殿下のためにあえてやってるのよ!」と大王大妃は抗議を聞き入れません。

ってことで、恩彦君と夫人ソン氏と嫁シン氏に、見せしめとして賜薬が下されます。
カン・ワンスクは焼き鏝じゅーじゅーされても神父の居場所を吐きませんが、
逃げる途中だったチュ・ムンモ神父になぜか彼女の叫び声が届き、自分から出頭。。
3月14日に大王大妃(と横に座ってるだけの幼い純祖)がみずから審問しました。
4月19日、チュ・ムンモ神父に刀が振り下ろされた瞬間には、嵐が起こったとか。
51歳で没した神父の最期は『ファン・サヨン帛書(ペクソ)』に記されています。

カン・ワンスクと姑、ユン・ボベ、ムン・ヨンインたちは、5月23日に一斉に殉教。
士大夫の女をこのように処分したのは、朝鮮王朝史上はじめてのことだそうです。
ソナを置いて、息子ファソンと一緒に旅立ったヤンは、流浪の身となるのでした。

―― 完 ――

※気づきや雑談はこちらのカテゴリ別ブログでアップしていきたいと思います。
スポンサード リンク
<「正祖大王 -偉大なる王の肖像-」あらすじ28話のその後に>  | HOME | <「正祖大王 -偉大なる王の肖像-」あらすじ 27話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント