*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王女の男」あらすじ始めます>

韓国ドラマ「王女の男」のあらすじレビューを始めます。
原題は「公主の男」「姫の男」などともされているようですね。

公主とは王様の正室の娘のことを指しますので
このドラマでの「公主」は世祖(首陽大君)の娘イ・セリョンのこと。
(セリョンは文宗の娘・敬恵公主に扮していたのでそっちの意味もあるかも)
「男」とは、重臣キム・ジョンソの息子キム・スンユのことです。
(「王と妃」で首陽大君が明に同行させたキム・スンギュとは別のようです)

「王と妃」をご覧になった方はよーーくご存じかと思いますが、
首陽大君は政敵キム・ジョンソを政変によって亡き者にした後で権力を独占。
やがて甥にあたる幼い端宗を退けて王位につき、世祖となります。
いわばロミオとジュリエットのような二人のロマンスに焦点を当て
同世代の脇役として、敬恵公主(端宗の姉)やチョン・ジョン(その夫・寧陽尉)、
シン・ミョン(重臣シン・スクチュの息子)なども登場するようです。

史実性では「?」な部分がありますし、ノリもお気楽ロマンス的。
(史実性については別の記事で触れたいと思います)
いわゆるフュージョン時代劇なので、シリアスな政治劇ではありません。
私はラブストーリーメインなのはそんなに好きではないのですが
どっぷりハマった「王と妃」の時代のドラマなので視聴しました。
人物関係も知っているし、ウラ「王と妃」として気軽に楽しむ分にはよさそうです。
こう思いながら見ていて、ロマンス部分の出来がよすぎると、
はからずしもホロっと泣いたりするんですよね・・・気をつけます(なぜ?)。

相変わらずの気まま更新ペースになることも予想されますが
興味をお持ちになった方は最後までお付き合いいただければ幸いです。
スポンサード リンク
<「王女の男」ヒロインのイ・セリョンは実在したの?>  | HOME | <韓国史劇が私を変えた!>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント