*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「正祖大王 -偉大なる王の肖像-」あらすじ 19話>

学問を奨励し文民政治をおこなった正祖の治世に、天主教が栄え、世子と宜嬪が逝去。
この件で大妃(貞純王后)と衝突し、王妃(孝懿王后)には子供ができません。
ここで正祖生母の恵慶宮ホン氏が初登場!まさかのチェ・ミョンギルさんですよ!
すっごく地味なので、目を凝らして声に耳を澄ませてやっと確信が持てました。
なぜこのドラマのこんな(今の時点ではどうでもよさそうな)役に!?と思ったら、
このドラマのひとつ前に製作された朝鮮王朝500年シリーズの作品『閑中録』で
主役の恵慶宮さまを演じているのでその流れでの特別(?)出演なのでしょうね。

で、いつもは政治に口を出さない恵慶宮が、思悼世子の墓地を移しなさいと進言。
「庶民の家でも世継ぎができなければ先祖のお墓を移すものだ」そうです。
こうして配流されたばかりのチェ・ジェゴンが呼び戻されてお墓の担当者に。
和平翁主の夫パク・ミョンウォンは、水原府の華山を吉相の地と定めました。
華山に集中している二千戸の民家を八達山(パルタルサン)へ移転させることにし、
正祖の信頼あついチェ・ジェゴンが、新興住宅地の着工に必要な法令を整えます。
このとき活躍したのが、チョン・ヤギョン発明の「滑車を利用したクレーン」とか。
(天主教から離れた彼は科学機器の理論を学び『奇器図説(キギドソル)』を執筆)

カン・ワンスクがくれたマリア様グッズを捨てられないユン・ボベのことを
「信仰は自由だが夫の将来を考えなさい!」とポンニョン僧侶が叱りました。
平等だと信じたから夫を愛し両班への道も叶ったのです!とユン・ボベが反論。
しかし帰宅したヤンも「朝廷が揉めているのに・・・捨てなさい」と命じました。
苦労して手に入れた今の生活を無駄にするわけにはいかないと思っているのです。

そんなヤンは、築城が進む水原(世界初の人工都市といわれているとか)勤務に。
同じ頃、イ・スンフン(蔓川)には平澤(ピョンテク)赴任の辞令が下りました。
あそこは儒学の土地だぞ?大成殿(孔子の位牌)に参拝できるのか?と仲間たち。
彼らは水原の龍珠寺に集い、ユン・ユイルが北京から持って帰った書状を読みます。
グベア司教からの手紙には「勝手に聖職者決めちゃダメだよ!」とありました。
知らんかった~!どうする?司教も神父も一旦ナシにする?と話し合っていると、
綏嬪(スビン)が懐妊して上機嫌で水原へ視察に来た正祖が龍珠寺へおな~り~!
スポンサード リンク
<「正祖大王 -偉大なる王の肖像-」あらすじ 20話>  | HOME | <「正祖大王 -偉大なる王の肖像-」あらすじ 18話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント