*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「傀儡王 仁祖」あらすじ 21話>

南漢山城に避難してから45日後の1月31日、臣下と同じ青い官服を着た仁祖が
清の皇帝ホンタイジに会うために三田渡(サムジョンド)へ向かいました。
階段をのぼり、三拝九叩頭(サンベグゴドゥ)の礼をしてホンタイジと謁見。
頭を下げたからこれだけの被害で済んだんだぞ♪とゴキゲンなホンタイジが
「滅亡する明と大義名分を論じるな!オレらには毎年貢ぎものを送れよ!
世子夫妻と鳳林大君は瀋陽へ連れて行くからな!」と有無を言わさず命じます。
和親に反対していたホン・イクハン、オ・ダルチェ、ユン・ジプの引渡しも要求。
3人は最期まで清を認めず処分されましたが、ホンタイジはその気概を評価。
彼らを丁寧に弔わせ、碑石に「三韓山斗(サマンサンド)」と彫らせました。
この3人は、丙子(ピョンジャ)の年の三学士(サマクサ)と呼ばれています。

こうして会談を終えた仁祖は、その日のうちに昌慶宮に戻りました。
誰か一人を責めることでもないし・・・ってことで朝廷の人事改変はほとんどなく
都元帥のキム・ジャジョムと地方高官だけが罷免され配流されました。
2月8日、朝鮮から引き上げるドルゴンが昭顕世子と鳳林大君を連れ帰ります。
仁祖は弘済院まで出向いて、二人の息子とその嫁たちを見送ったそうです。
また、当時の朝鮮の人口530万のうち、60万人もが清に連れて行かれたとか。

さらに清は、今回の勝利を記念する碑石を建てろと命令しました。
碑石を彫った大提学イ・ギョンソク(白軒/ペッコン)は書き終えると断食開始。
左議政チェ・ミョンギル(遅川)が見舞い、実利を求めよう・・・と説得します。
そしてイム・ギョンオプ将軍とトッポ僧侶も降伏への憤りがおさまりません。
明と力を合わせて清を討てばいいんだ!と二人で盛り上がっていると、
「おろかな行動は慎んでくれ」と諌める手紙がチェ・ミョンギルから届きました。
まるで見ていたかのようなタイミングで届きましたよ!すごいですね!

さて、明から今回のことを追及され、弱り果てた仁祖がチェ・ミョンギルに相談。
理想や名分ではなく実利を求めると覚悟しているチェ・ミョンギルが答えます。
「明との関係を守るために苦労した経緯を国書ではなく外交文書で伝えましょう。
朝廷で論議しても分裂するだけ。清の手前、私の独断ということにしましょう」。
ってことで、トッポ僧侶に明の陳洪範宛ての文書を預けることを思いつきます。
前に清がカドを攻めるときトッポ僧侶がイム将軍の命令で陳将軍と洪承疇将軍に
意思を伝えたことがあったからです(そんなシーンあったっけ?思い出せません)

まだ明の目を気にするとは許せん!五千人を出させて明を討つ先鋒に立たせよう!
明と内通してるイム将軍とイ・ワンに指揮させよう!とホンタイジが怒ってます。
スポンサード リンク
<「傀儡王 仁祖」あらすじ 22話(最終回)>  | HOME | <「傀儡王 仁祖」あらすじ 20話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント