*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「傀儡王 仁祖」あらすじ 12話>

後金の使者ユ・ヘは、自国の使者としてカン・ホンリプを残して帰国しました。
刺客を客舎に送れ!と彼を謀反者扱いして毛嫌いする重臣たちもいますが、
イ・ギ(默齋)、チェ・ミョンギル(遅川)、チャン・ユらは状況を探ろうと客舎へ。
しかし後金の見張りから面会を拒まれ、カン・ホンリプに簡単には会えません。

でもトッポ僧侶はなぜか面会できるらしく、カン・ホンリプからこう頼まれました。
「喬洞(キョドン)の光海君に会って復命したい!トッポ僧侶ならできるはず!」。
阿弥陀仏・・・と困ったときの魔法の言葉をとりあえずつぶやいたトッポ僧侶は、
カン・ホンリプ夫人を訪ねて「ご主人の官服を貸してください」と頼みました。
後金の使者となっている主人に朝鮮の官服は貸せないと断った夫人でしたが、
ご主人は朝鮮の臣下だと聞くと、10年間手入れを怠らなかった官服を差し出します。
トッポ僧侶はカン・ホンリプに官服を着せると、急病人のふりをさせて喬洞へGO。
光海君の小屋の周りから呼びかけてあっさり10年ぶりの謁見を果たしました。
「密旨のことは話すな・・・一人の人間としてそなたをねぎらう」と涙ぐむ光海君。
会見はまさに「会っただけ」で終了します。サービスシーンだったのでしょうか。

イ・ギ、チェ・ミョンギル、チャン・ユが、やっとこさカン・ホンリプと面会。
三人が意見を問うと、和親を結ばねば死ぬしかない・・・とカン・ホンリプは話し、
それでも朝鮮の血が流れているのか!?とイ・ギに非難されると反論します。
「私の苦労を知っているのか?無駄口をたたいて国と殿下を守れるのか?
衰えた明が救ってくれるとでも?都城へ殿下をつれていき私を死罪にしろ!」。

和親交渉にはキム・サンホン(清陰)が最後まで強行に反対しましたが、
二回目の和親交渉が始まることになり、2月20日に再び使臣がやってきました。
イ・ギ、チェ・ミョンギル、チャン・ユの三人に増えた接伴使が出迎えます。
すると使臣は「直接王と話す」と言い張り、事前交渉せずに行在所へ。
前回の無礼を怒っている使者は入室して立ったままで、仁祖は座ったまま無言。
何も言わないままで時間が過ぎ、すわ一触即発か?な状態になったところに、
吏曹判書チャン・ユが助け舟を出して使臣に挨拶を促しました。
大臣たちと決めた内容を承認するからよろしくと仁祖がお言葉をたれます。

和親のために頑張ってくれよな!と後金のヨンゴルテに命じられるカン・ホンリプ。
今回の和親条件には前回提示した「明の年号を中止」「王子を人質」だけでなく
「毛文龍の追放」「交易拡大」「誓いの儀式」の3つが新たに加わっていました。
スポンサード リンク
<「傀儡王 仁祖」あらすじ 13話>  | HOME | <「傀儡王 仁祖」あらすじ 11話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント