*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「太宗大王-朝鮮王朝の礎-」あらすじ 23話>

ソンを痛めつけたイ・スッポンは、屋敷に二度と来ないと約束させて解放しました。
イ・スッポンは乳母に「アガシ」と呼ばれるソンの正体が気にならないのですかね?
(ちなみに今回、ソンの亡き父ワン・ドクの爵位が熙宗(フィチョン)君と判明)

定宗が即位してから、景福宮にはカラスやカササギが巣をつくっていました。
夜になるとミミズクやキツネの泣き声が聞こえ、無数の流星が流れたそうです。
松都に財産がある重臣が「不吉の前兆」という噂を流し、遷都の動きが発生。
上王・太祖の四男バンガン(懷安君)が遷都を主張してバンウォンと揉めてます。
このバンガン役の俳優さん、「龍の涙」でも同じ役を演じていた方ですよー。

この大勢には逆らえないとハ・リュンやミン・ジェも遷都にしぶしぶ賛成。
ってことで、定宗元年(1399年)3月7日、王朝の都が松都(開京)に戻りました。
ナレーションによると、鳥のせいで都を捨てたのは世界史にも類を見ない事件とか。
この日に太祖が貞陵(神徳王后の墓)を見て涙を流したと記されているそうです。
高麗王朝の恨み(カラス)による遷都を民はあざわらい、ソンもちょいスッキリー。

嫡子がいなければご兄弟を世弟にしては?と重臣たちが定宗に進言しました。
王妃(定安王后)は側室の子ブルロを世子にしたいらしく、勉強に励めと命令。
今は尚宮に扮してバンウォンのスパイをしている寧善翁主(高麗ウ王の側室)が、
私の将来をちゃんとしてよね!とイ・スッポンを通じてバンウォンに催促してます。

ウォン・チョンソクのもとでバンウォンと共に学んだパク・ソンミョンが初登場。
朝鮮王朝への協力は拒んだ師匠でしたが、彼をバンウォンのもとへ行かせたのです。
バンウォン、ファン・ヒ、パク・ソンミョンが一緒に飲む場面が出てきました。

ここでいきなり、バンウォンとバンガンが戦う第二次王子の乱が勃発!
きっかけは、バンガンを密謀していたイ・レが不穏な動きに気づいたからでした。
イ・レが報告したのは、自分とバンウォンの師匠で高麗遺臣のウ・ヒョンボ。
争いを止めたいウ・ヒョンボは、息子とイ・レをバンウォンの屋敷へ行かせました。
師匠に従うと返答したバンウォンを、夫人ミン氏とイ・スッポンがせっつきます。
スポンサード リンク
<「太宗大王-朝鮮王朝の礎-」あらすじ 24話>  | HOME | <「太宗大王-朝鮮王朝の礎-」あらすじ 22話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント