*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「ファン・ジニ」あらすじ 23話>

ファンジニ第23話「天下の名妓」

ミョンウォル(チニ)を抱きかかえてメヒャンの教坊に駆け込むキム・ジョンハン。
すぐに医官が呼ばれるも、ミョンウォルはおなかの子を流産していました。
愕然とするキム・ジョンハンをピョクケス(今やすっかりいい人)がなぐさめます。

都へ行きたがる病気のヒョングムをタンシムが止め、息子&トクパルと一緒に都へ。
ミョンウォルはタンシムの息子を抱きたがり、小さな手を愛おしそうに撫でます。
せっかく都に来たので息子をつれてピョクケスの家の前まで行ったタンシム。
ばったり会ったピョクケスは、お前さえよければ息子を引き取ろうと申し出ました。
「でもお前の身請けまではできない、次からはお前に真心をくれる男を愛せ・・・」。

かつて二人が暮らした家にミョンウォルがキム・ジョンハンを呼び出します。
「やさしくて思慮深い子だから、結ばれない両親のためにこの世を去ったのです」。
キム・ジョンハンの笛とミョンウォルのコムンゴ。合奏を最後に別れる二人でした。

妓生に戻ったミョンウォルは、寝るヒマもないほどの売れっ子ナンバーワンに。
プヨンは素直にそれを認め、もう罠にハメようともせず、ただふてくされるだけ。
ある夜、眠れないミョンウォルがお酒を飲んでいると、現れたプヨンに話します。
「愛する人も子供も失って戻ったけど、何のために妓生をやっているのかしら。
コムンゴの音を3つも飛ばしたのに、何もわからない客は褒めちぎるのよ・・・」。
頂点かどん底かしかないのが妓生・・・とプヨンを傍観していたメヒャン行首が、
負けるにしても正々堂々と戦ってからあきらめろ!とプヨンに言い渡しました。
ってことで、半年後にフリー課題で女楽の行首の座をかけた競演をおこなうことに。
審査員にあたるのは、王様や両班でなく、全国の行首と優秀な妓生たちです。

鳴鼓舞(ミョンゴム)と鶴の舞を組み合わせたらどうかしら?とプヨンは考え、
ミョンウォルは白紙の舞譜を見つめながら天国のペンム行首に話しかけます。
妓生の舞を見て感動した幼いころの自分を思い出したミョンウォルは、
舞を知らない人を感動させなければ意味がないわ!と市場で踊り始めました。
一般ピープルがうっとりと見つめる中、高名なファダム先生(希楽堂!)だけが、
ヘンッ!どんなすごい女かと思いきやただの娼妓じゃないか!とこきおろします。
はたと気づいたミョンウォルは、今度は地味ファッションにお面をかぶって再挑戦。
ところが着飾っていないミョンウォルの舞には誰一人注目してくれませんでした。
(というより、ミョンウォルの舞よりもデカすぎるお面のほうが気になります!)
スポンサード リンク
<「ファン・ジニ」あらすじ 24話(最終回)>  | HOME | <「太宗大王-朝鮮王朝の礎-」あらすじ 21話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント