*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「太宗大王-朝鮮王朝の礎-」あらすじ 9話>

太祖(イ・ソンゲ)が即位した翌7月18日、大雨が降り、干害に苦しむ民が喜びます。
「お前はまだ王妃じゃないし世子も冊封してないぞ!王位を狙ったと思われる!」。
宮殿に入ったとたん二人の息子に官服を着せた京妻カン氏を、太祖が叱りました。
その野心マンマンなカン氏の行動を、引き続きスパイを担っている寧善翁主が報告。
世子は正妻の息子に決まってるじゃないか!とバンウォンが長兄バンウを訪ねると、
父に批判的だったバンウが「農夫にでもなったほうがまし!」と家を出た後でした。

「忠臣は二君に仕えず」のポリシーのもとに、学者たちが新王朝に背を向ける中、
太祖はチョ・ジュンに弟を、バンウォンに学者ウンゴクを呼び戻せと命じます。
幼いバンウォンに読み書きを教えたウンゴク(ウォン・チョンソク)は出仕を拒み、
江原道の雉岳(チアク)山へ向かうと高麗を懐古する次のような詩を残しました。
  興亡は運が左右する 満月台には秋の草が残る 高麗の王業は牧笛になった
  夕日が沈む場所を歩く 旅人は悲しみを隠せない・・・

キルジェ(吉再?)という高麗遺臣も、詩を残して都城を後にしました。
彼らと同じように高麗王朝に忠誠を尽くすと決めているチョ・ジュンの弟は、
名前をキョン(犬)に、雅号は従犬(チョンギョン)と変えたと兄に宣言します。
さらに70人の知識人が開豊(ケプン)郡の広徳(クァンドク)山に入山。
俗世と縁を切って暮らす彼らの谷は杜門洞(トゥムンドン)と呼ばれました。
燃やせば家に戻るはず!傷つけずに説得します!と訴える朝廷を太祖が認めるも、
彼らは決して杜門洞から出ようとせず炎の中で命を落としたそうです。

イ・スッポンをはじめ、マ・チョンボ、モク・イネ、ソン・ゴシンなど。
晴れて王子となったバンウォンのそばに、どう見てもならず者な面々が集って宴会。
兄貴?奥様?無礼者め!と叱った夫人ミン氏は、じゃあどう呼べば?と聞かれると、
「主人のことは旦那様と呼び、楸洞に越した私のことは楸洞宮ママと呼びなさい」。

高麗王ワン氏一族をまとめて遠くへ移しましょう・・・とチョン・ドジョンが提案。
直系は巨済(コジェ)島、傍系は江華(カンファ)島に移されることになりました。
ワン氏は胸中では太祖の措置に感謝しながら移送船に乗ったそうです。
ところがバンウォンの密命を受けた部下たちが、船を沈没させてしまいました。

靖安(チョンアン)君になった♪と喜んでいるバンウォン(ズラが不自然)に、
東北面へ行けと命令が下されます。それは王妃(神徳王后カン氏)の差し金でした。
スポンサード リンク
<「太宗大王-朝鮮王朝の礎-」あらすじ 10話>  | HOME | <「太宗大王-朝鮮王朝の礎-」あらすじ 8話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント