*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「太宗大王-朝鮮王朝の礎-」あらすじ 6話>

500年続いた高麗王朝のために尽くすべきと考えているイ・ソンゲ(後の太祖)が、
五男バンウゾン、京妻カン氏、チョン・ドジョン、チョ・ジュンはもどかしいばかり。
宮殿では、チルチョムソンを預かったノ尚宮が、寧善翁主では?と気づきました。
そこへバンウォンが突然入ってきて、隠しとおせ!とノ尚宮を脅しつけます。
女官のスタッフ部屋にちょうどよいタイミングで入れるバンウォンがすごいです。

右代言(ウデオン)の職にあるバンウォンが母の看病のため辞職を願い出ました。
恭譲王はバンウォンがイ・ソンゲの息子なので気を遣っているようですね。
休みをもらったバンウォンは抱川(ポチョン)の宰壁(チェピョク)洞の母のもとへ。
着くなり長兄バンウ(高麗王朝派)に責められ、やがて父イ・ソンゲも到着します。
郷妻ハン氏は皆に看取られながら1391年9月23日に55歳で逝去しました。
あと7ヶ月生き長らえていれば朝鮮王朝初の王妃になれたというタイミングでした。

礼曹判書が全羅道観察使ハ・リュンをバンウォンに引き合わせました。
バンウォンの人相を見たハ・リュンは「自重なされば望みがかなう」と診断。
3月の間だけでもここにいろとすすめ、「落馬」というキーワードを与えました。

世子が明から戻ってくるから迎えに行ってくれないかとイ・ソンゲに頼む恭譲王。
その途中で数日ほど狩りをしていいですか?と許しをもらおうとするイ・ソンゲに、
もちろんじゃ!そなたの自由だ!と許可を与えて忠誠心をほめたたえます。
ところがその狩りで、馬の扱いに慣れているはずのイ・ソンゲがまさかの落馬。
恭譲王の側近チョン・モンジュは、この機にイ・ソンゲを倒すべしと主張します。

すっとんでいって父を看病するバンウォンに、夫人ミン氏からの手紙が届きました。
「恭譲王の側近チョン・モンジュが義父上の側近を罰したり地方へ飛ばしました!」。
馬と担架で父イ・ソンゲを急いで都へ運ぶバンウォン。父に休憩も与えません。
イ・ソンゲが無事に秋洞に着いたと聞いた恭譲王は、見舞いに行けと世子に命令。
お前たちも見舞いに行きなさい・・・とチョン・モンジュたちにも命じます。
なぬ?チョン・モンジュが見舞いに?討たねば!と意気込むバンウォンたちでした。
スポンサード リンク
<「太宗大王-朝鮮王朝の礎-」あらすじ 7話>  | HOME | <「ファン・ジニ」あらすじ 20話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント