*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ99話(1)>

仁粹大妃と成宗はハン・ミョンフェの最後の願いを聞くことに命をかけているもよう。
「私にかわって彼に付き添い容態を見守って、最後の願いを聞くように!」。
そう成宗に命じられたキム・チョソン内官がハン・ミョンフェの屋敷に参上します。
しつこく望みを尋ねまくり、息子の官職のことに話をもっていこうとすると、
けしからん!ひれ伏して謝罪しろ!とハン・ミョンフェが叱り飛ばしました。
何百回聞いても望みを言わないと知り、仁粹大妃も成宗もとても残念そうです。

病状が重いと聞いた臣下たちはハン・ミョンフェのことをこう噂しています(驚)
「私欲のない方だった」「史書に悪く書かれることはないだろう」「まさに巨星」。
まあこのドラマではハン・ミョンフェは無条件でヒーローですからね~。

成宗18年(1487年)11月14日、よろよろと起きあがった73歳のハン・ミョンフェは、
震える手で官帽をかぶり、官服を着る元気はないので仕方なく石田純一がけすると、
宮殿の成宗に向けて挨拶した後、キム・チョソン内官に最後の言葉を書き取らせます。
「・・・最初は勤勉でも徐々にやすきに流れるのが人の常です
  願わくば殿下は最後まで慎重に初心をお忘れにならぬよう・・・」

ああ、とても不思議です。なぜなのでしょうか?
ドラマの主役が亡くなったというのにまーーったく心を動かされません。

『実録』では、勲旧大臣が亡くなると一生を整理し史官の論評を記すのが通例。
最初に書くのは個人史で、次に続く史官の論評は彼に対する批評といえるとか。
このドラマではより客観的な評価を試みるために、その双方を紹介してくれました。
ナレーションおじさまが早口でペーラペラペラとしゃべってくれるのですが、
それがまたすごーく長いので、この99話のあらすじは3回に分割することにします。
(2)はこれまでのおさらいみたいな年表っぽい内容で物語は進みませんので
ストーリーのみを知りたい方は(2)をとばして(3)へ進むことをおすすめします。
スポンサード リンク
<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ99話(2)>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ98話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント