*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「龍の涙」あらすじ 154話>

本来なら首謀者とされる領議政シム・オンの帰国を待って証言をつきあわせますが、
ユ・ジョンヒョンとパク・ウンはそれも待たずに仲間の処分を急ぐとともに、
王妃(昭憲王后)の廃妃を進言しました。(王妃や息子に復讐されたくないので)
上王・太宗は王妃の追放は拒否し、新領議政に再度ユ・ジョンヒョンを任じます。

いためつけられた兵曹判書パク・スプが、無念のままに義禁府の中で逝去。
太宗の即位前から仕えた兵曹参判カン・サンインは官僚や世宗の前で矢に射られ、
シム・ジョンたちは町中で首を切られ、親交のあった者たちは全員島流しに。
帰国途中の領議政シム・オンも捕らえられ、続く悲報に王妃が倒れてしまいます。
無駄足なのを承知で大妃(元敬王后)がシム・オンの救命を太宗に懇願すると、
太宗もさすがに気が咎めるのか目をそらしながら大妃の願いをはねつけました。
太宗が部屋を出ると可哀想な王妃(嫁)が、上王殿を出ると世宗が待っていて、
シム・オンを救ってくださいと続けざまに頼まれるももちろん聞き入れず、
国王は私情に流されず涙を見せるな・・・と君主の心得を世宗に教え諭します。
ちなみにこの一件は、史書にも無実であることが詳しく記されているそうです。

んー、こんなことは珍しいのですが、なぜか王妃の方の演技が少し気になります。
そして王妃つきのパク尚宮が「王と妃」の仁粹大妃付きイム尚宮ですね~。
お若くてお綺麗です。一度くらい大妃とか年食った側室の役も見てみたいです。

父が死なせた人々が放置されていると知った譲寧大君はならず者仲間に弔わせ、
夫人の父の命は私が助けたのだ♪と恩を着せると妓生房へ出かけちゃいました。

シム家を最下層の身分にして財産没収!という王命を下せと太宗が世宗に指示。
「人の道に背くことです!」と嫌がる息子に、「そうだ、でも王ならできるのだ」。
しかしユ・ジョンヒョンやパク・ウンらが求める王妃追放だけは頑なに認めません。
さすがの太宗にも人の心があるのね・・・と思いきや、ちょっぴり違ったようです。
「新しい王妃を迎えたらまた人を殺せというのか?」というのが理由でした。
スポンサード リンク
<「龍の涙」あらすじ 155話>  | HOME | <「龍の涙」あらすじ 153話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント