*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ87話>

廃妃ユン氏が宮殿を追放された10日後の6月12日、産まれたばかりの二男が逝去。
誰かが砒霜を飲ませたに違いない!と泣きわめくユン氏を母シン氏がなだめます。
「ユン氏の処遇はあんまりだ、せめてユン氏を別宮に住ませ衣食を与えるべきだ」。
ユ・ジャグァン(武霊君)が同副承旨ホン・グィダルを必死に説得しています。
同じように考えているチョン・ヒョンジョ(河城尉)がハン・ミョンフェを訪問。
これまで傍観していたハン・ミョンフェも実は同じ思いだったとわかりますが、
なにやらエラそうに「国難」を口にして廃妃のことでは何も動かなさそうです。

8月16日、ユン氏の待遇が不当として大司憲パク・スクジンが上訴を提出。
大司憲ごときが!献納キム・ミとともに捕らえよ!と成宗がワナワナしてます。
兄弟と会うくらい許してやっては?と同副承旨ホン・グィダルが上訴に同意すると、
同副承旨のくせに!とさらに怒った成宗が三人まとめて義禁府にぶちこみました。
けれどもその後、ユン氏の家に兄弟ユン・グとユン・ウの出入りを許すことや
行動を慎めという諺文(オンムン)教旨を下すことを仁粹大妃に相談します。

パク・スンジンらは翌日に釈放され、兄弟の出入りを許可する王命が伝えられると、
ユン氏はかなりしおらしいようすで喜び、ただ王子に会いたい・・・と泣きました。
その王子は宮殿で元気に育っていますが、母親に会いたがるようすを見せています。
仁粹大妃や大王大妃(貞熹王后)が婚礼をせかせる一方、時間がほしそうな成宗は、
「兄弟の出入りが許されたからといって浮かれてふるまいを乱すでない。
将来のことは廃妃の振舞いにかかっている」と期待のあるような訓戒を伝えます。

さて、このところ成宗のおわたりが頻繁なオム昭容がいばりくさっています。
ユン氏が復位するかもよ!とチョン昭容が女芸人みたいな表情でせっつきました。
次に、気高いユン淑儀のこともつつきますが、適当に追い払われます。

ユ・ジャグァンが、ユン氏の件ではなく軍事体制の改変を上訴しました。
つづいて『典籍(チョンジョク)』の刊行をハン・ミョンフェが提案するも、
財政難につき実行が難しいとわかると、私財を投げ打つと発表しました。
「私ごときが4代に仕え4度も一等功臣になり2度も領議政になった恩を返す」
というハン・ミョンフェの立派なお心が、朝廷丸ごと涙と感動で包みます。
ちなみに『典籍』の刊行を私財で助けたのは朝鮮王朝でただ一人とか。
飢え死にしないだけの財産を残してあとは献納する・・・と言い出した夫に、
うちの人の徳があれほど高いとは・・・!と夫人ミン氏も側室ナンも大感激します。
たしか「王と妃」では対立した仁粹大妃から財産をカツアゲされたんでしたよね?
スポンサード リンク
<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ88話>  | HOME | <韓国時代劇ドラマ時系列順一覧>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント