*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ簡易版 112~120話>

ハン・ミョンフェに批判的な大妃(貞熹王后)だったが、長年支えた功臣であるシン・スクチュとハン・ミョンフェに世祖の国葬を任せた。睿宗はかわりに亀城君に墓陵を担当させる。朝廷では世祖が不要と遺言した石室の件で意見が割れ、相談された大妃が粋嬪ハン氏を頼り始める。大妃側近のキム・スオンは二人の接近に反対する。

亀城君を見限ったユ・ジャグァンが、ナム・イが書いた詩をハン・ミョンフェに見せる。粋嬪はユ・ジャグァンに役人の奔競調査を命じ、やがてネ・ウンダルという男が亀城君の屋敷を出たところで捕らえられた。同時に、調査を知らなかったシン・スクチュにも奔競の疑いがかかってしまう。穏便に済まそうとする睿宗に、功臣でも許すべきでないと大妃が迫る。

亀城君が辞意を示し謹慎すると、粋嬪が辞表の取り下げを大妃に進言。亀城君を領議政に留任させつつも勢力をそぐことに成功した。さらに、ゆくゆくは領議政にしようと考えているハン・ミョンフェのことを大妃の前で批判する。続いて、ハン・ミョンフェと通じているユ・ジャグァンがナム・イをおだてて挙兵を決意させた後で謀反を告発した。

世祖が寵愛したナム・イの反逆が信じられない睿宗に、ハン・ミョンフェがナム・イの詩を見せる。告発したのが亀城君らの仲間だったユ・ジャグァンだったことからナム・イの計画は信憑性を増し、彼は取調べ中に舌を噛み切った。シン・スクチュは亡き友クォン・ラムの娘婿を陥れたハン・ミョンフェを責める。ユ・ジャグァンは敵愾功臣二等の称号をもらった。

そんな折、新領議政パク・ウォニョンが急逝し、粋嬪と大妃の推薦を聞き入れた睿宗がハン・ミョンフェを領議政に任命する。睿宗は隠そうとしていたが、病が進んでおり、粋嬪は病状を探らせていた。一方ユ・ジャグァンは粋嬪を警戒しろと睿宗に進言し、息子である斉安大君の世子冊封を急がせる。幼い端宗の末路を知る睿宗は決断できない。

国王(者山君)の義父になるかもしれないから領議政を辞任しろと粋嬪従兄ハン・チヒョンに助言されたハン・ミョンフェが辞職を申し出、後任に「愚直だからこそ奸計を企まない」としてホン・ユンソンを推薦した。やがて大妃は、利発な者山君に王位を継承させる可能性を口にし始める。ハン・ミョンフェはチョン・チャンソンを操って亀城君を告発させた。

睿宗が誥命を残さないまま崩御した。5歳の斉安大君を喪主にすべきでないとハン・ミョンフェに言われ、後継者が喪主になるとシン・スクチュに説明された大妃は、ついに者山君を指名する。その日の午後に朝鮮王朝第9代王・成宗が誕生した。貞熹王后は大王大妃に、安順王后が王大妃となるが、礼法により粋嬪は大妃になれなかった。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ簡易版 121~130話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ簡易版 101~111話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント