*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「龍の涙」あらすじ 135話>

ミン兄弟の処分、新しい側室、神徳王后の墓のことなどを責める世子を思い出し、
すべては世子のためだというのに・・・!と反抗的な世子のことを憤る太宗が、
ふと何かを思いつくとミン・ムヒュルとムフェを呼んでやさし~く声をかけます。
「余を恨んでいない?それはよかった♪世子や王妃を気遣ってやってくれ♪」。
あの人にも良心のかけらがあるのね・・・と忌々しそうな王妃(元敬王后)です。
決して油断しないでくださいと世子(譲寧大君)は素直に喜ぶ叔父に言い聞かせ、
自分が世子の座を降りることだけが叔父上を生かす道だ・・・と話しました。

さてここは領議政ハ・リュンを責任者として学者たちが史書の編纂を行う一室。
通りがかったイ・スクポンが入室して、全部ありのままに書くの?と問います。
高麗を倒したことも世子バンソクを始末したことも事実のまま記すしかない、
そもそも編纂中の史書を王は見れない掟がある・・・と答えるハ・リュンでした。

「世子様の教育はあまり焦らずに・・・若い頃は殿下も同じでしたでしょう?」。
イ・スクポンになだめられた太宗が、今度世子と狩りにでも行こうかと頷きます。
その世子は、世子妃キム氏のご懐妊を知ってとってもうれしそう!なのですが、
私と同じ人生を辿らせたくないから男の子でないほうがいいとつぶやきました。

世子様のおそばにいたいのです!どうか私を宮殿で暮らさせてください!と
ずうずうしく懇願する妓生ポン・ジリョンに太宗は絹10疋を与えて漢陽から追放。
イ・オバンとク・ジョンスは百叩き。世子が通る門の守衛の首がはねられました。

太宗12年、使臣たちをもてなす殿閣「慶会楼(キョンフェル)」が完成しました。
その扁額の書き手として、神の筆と称えられる世子様を!と臣下たちが願います。
ただの噂だろ?社交辞令だよな?と初耳な太宗は世子の筆の腕に半信半疑ですが、
目の前で世子に書かせてみたらとても見事だったので、身を乗り出して大歓喜♪
手が震えてしまう・・・とオロオロしながらその書を持ち、滑稽なほど褒めます。
スポンサード リンク
<「龍の涙」あらすじ 136話>  | HOME | <「龍の涙」あらすじ 134話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント