*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「龍の涙」あらすじ 128話>

「ミン兄弟を呼び戻してまた島流しにしては?殿下の慈悲を印象づけられます」
都承旨ファン・ヒの提案を認めるも、太宗はミン兄弟を「片づける」つもりです。
イ・ファ(前領議政)とイ・チョヌは、ミン兄弟が呼び戻されると聞いて大憤慨!
会議室で議論している最中に、急にイ・ファの具合が悪くなり、亡くなりました。
先日のクォン・グンといい会議室で「ウッ・・・」と倒れる人が多いドラマです。

見舞いに来てくれた太宗に、息子たちのことを重ね重ね頼む府院君ミン・ジェ。
太宗は本心を隠してうなずくものの、ミン・ジェは王の意図を悟っていました。
その帰り道、早馬のピョン・ゲリャンがイ・ファの急逝を太宗に報告します。
義安君イ・ファは、太祖イ・ソンゲの腹違いの弟で、朝鮮建国の一等功臣でした。
つねに太祖や太宗を助けて功を立て、四度にわたって功臣になったことで、
合計570枚の田畑を所有した李朝初期ナンバーワンの不動産王だったそうです!
領議政に登りつめ、ミン兄弟の処分に決定的な役割を果たした人でもありました。

慌ててイ・ファの屋敷に駆けつけた太宗は、弔問に来ていたイ・スクポンに
ミン兄弟の話題をしたりイ・ジソン(ハ・リュンの姉の息子)の名前を出します。
頻繁にミン家を訪ねていたハ・リュンにやさしくあてこすりったりと、怖いです!
でも次に見舞ったクォン・グンから「ミン兄弟を許してやって」と言われました。
イ・ジソンは軽率な言動をハ・リュンに怒られますが、反省の色はありません。
「言いたいことを言って何が悪いのです?みなミン兄弟には世話になったのに!」

非常な父にいたたまれず外出した世子(譲寧大君)は、朝になっても戻りません。
ひっそりとしたミン家を眺めてため息をつくと、妓生房でお酒を飲んで騒いだり、
初めて見る鳳山(ポンサン)仮面舞踊を愉快そうに見物したりしていますよ。

地方から戻ったムグとムジルに、ミン・ジェがこう言い残して息を引き取ります。
「殿下はお前たちを許さない。都落ちをして漢陽には足を踏み入れるな・・・」
元敬王后の父ミン・ジェの出身は驪興(ヨフン)、字はチュンフェ、号はオウン。
高麗王朝から仕え高位官職を歴任し、朝鮮建国後は学者として多くの功績を立て、
清廉潔白で公私を分け、太宗にも苦言を呈したため、太宗に尊敬されていました。
そんなミン・ジェの死は、歴史を動かします。再び血を呼ぶ波乱が起こるのです。
スポンサード リンク
<「龍の涙」あらすじ 129話>  | HOME | <「龍の涙」あらすじ 127話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント