*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「龍の涙」あらすじ 119話>

大殿に呼ばれた三政丞とクォン・グン大監は、太宗の譲位に断固として反対。
右政丞チョ・ヨンムは、王印を運ぼうとする都承旨ファン・ヒを突き飛ばします。
そこへ太宗が割って入って、力尽くで都承旨に王印を持たせて運ばせる大騒ぎに!
つづいて全官僚と老臣たちに、朝礼に参殿せよという命令が伝えられました。

ミン家で育った甥である世子(譲寧大君)が王になるとうれしいミン兄弟ですが、
ミン・ムジルが太宗の真意を訝しがる一方、単純なミン・ムグはルンルン気味。
官僚が会議で対策を話し合う間、まずは中宮殿で王妃(元敬王后)と相談します。
そのミン兄弟の訪問を、太宗の命令を受けたチェ内官たちが目撃していました。
いつかこんな日が来ることを予想していた府院君ミン・ジェ(王妃父)は
アホ息子たちが真っ先に中宮殿へ向かったと知って病床で頭を抱えています。

「譲位をやめろという上書が届いて、オレが席藁待罪(ソッコデジェ)をして、
それが誰かはわからないけどどうせ誰かが死ぬことになるさ・・・(フッ)」。
世子は父が起こしたこの譲位騒動を冷ややかな目で見つめて嘲笑するばかり。
そしてその形式美どおりのドラマが、もうすでに大殿前で始まっていました。

目に見えない逆徒を探しているのですね・・・と大殿で言い当てるイ・スクポン。
太宗は譲位を取り消さず、やがて大勢の官僚が譲位に反対して大殿前で座り込み、
会議に出ず中宮殿を訪ねていたミン兄弟も遅れてやってきて連座に加わりました。

世子が王印の受け取りを拒むと、内官は王印を東宮殿の前に置いて帰りました。
うんざりした表情の世子が、“まげ”を解きながら席藁待罪の用意を始めます。
「父上が開いた宴ももう終わりかけだ・・・今度は私が歌に合わせて踊る番だ」。
この世子役は「女人天下」の学者イムの方なのですが、すごくハマってますね!
スポンサード リンク
<「龍の涙」あらすじ 120話>  | HOME | <「龍の涙」あらすじ 118話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント