*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「龍の涙」あらすじ 116話>

離宮でキム・ハルロの娘にお妃教育をしているホ尚宮が、東宮殿を訪ねました。
明との縁談を聞いて世子妃候補が胸をいためていると知った世子(譲寧大君)は、
キム嬢とでなければ結婚しないから安心しろと言い、わざわざ文をしたためます。
かっこいいですね!(これが「大王世宗」では浮気三昧のメタビー世子に・・・)

「明の使臣に騙されて私の心を惑わせた!つまらん欲に目がくらみがやって!」。
太宗がチョ・バクを地方へ流刑させることで、縁談騒動は一件落着しました。
ですがこの件は太宗が外戚ミン兄弟に不信感を抱くきっかけになったそうです。
そして縁談に反発したときの世子のようすから何かを感じ取ったらしい太宗は、
大殿付きのチェ内官に「東宮殿の人の出入りを見張れ」と命令しました。

その一方で、父王である太上王・太祖への親孝行作戦まっしぐら~!な太宗。
異母弟バンソクとバンボンに昭悼(ソド)君と恭順(コンスン)君の号を贈り、
(自分が殺しておいて諡号を贈るなんて常人のワタシはついていけません!)
“ずっと一人でおさびしい”父のために若い二人の側室を手配しちゃいました。
年寄りをからかっているのか?と言いつつまんざらじゃなさそうな太祖です♪

自分だけ楽しむのは気が引けるから父親にも側室を与えたのね(フンッ)!
そんなことより世子の婚礼を早く進めてほしいわ!とイラつく王妃(元敬王后)。
大殿に催促しにいくと、日取りを探させていると言われたので笑顔になります。

気分が落ち込み気味の世子は、遊び人イ・オバンらと一緒に妓生房を初体験♪
塀を乗り越えて深夜の宮殿に戻ったところを、番人に見つかっちゃいました~。
スポンサード リンク
<「龍の涙」あらすじ 117話>  | HOME | <「龍の涙」あらすじ 115話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント