*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「龍の涙」あらすじ 101話>

祖父上じゃなく逆徒と戦うのだ!出陣を阻むなら容赦せん!と太宗は厳しい表情。
元子をかばう王妃(元敬王后)に「しっかり教育しろ」と言い捨てて出陣します。
義父上(太祖)とそっくりだわ!と王妃が元子を抱きしめながらつぶやきました。
あの聡明な元子に私の子が勝てるかしら?と善嬪アン氏は不安をこぼしています。

利発な息子を持って王は幸せだ・・・と上王・定宗がふと自分の息子を思い出し、
息子たちを呼び戻しますか?と大妃(定安王后)に聞かれるとすぐさま拒否。
「とんでもない!誤解される!私に息子はいない!死んだものと思っている!」。
もし反乱軍が勝ったらまた世継ぎ問題に巻き込まれるのを憂慮する大妃でした。

チョ・サイが形勢有利と聞いてもなぜか気持ちが晴れない太上王・太祖でしたが、
太宗みずから兵を率いてやってきたという知らせを聞くとまたまたムッカー!
咸興差使を寄越したのもまやかしだったのだ!と怒りを新たにしています。

明では・・・皇帝(永楽帝)が流暢な朝鮮語でハ・リュンと会談していますよ~。
かつて大君だった太宗が明に来たときに会ったことのある皇帝は、太宗に友好的。
女真族が引き返すように取り計らうと約束したうえに、即位も認めてくれます。

平壌に陣をかまえた太宗は、小さな安辺城も陥落できない官軍にイライラ~。
書ばかり読んで武芸を怠っている!とチョ・ヨンムのことをけなしています。
そのチョ・ヨンムはずらりと並んだ兵の前で孫子の言葉を引き合いに出して悩み、
孫子の『兵法』をもっと読んでおけばよかった~と後悔をにじませています。
別の現場では、イ・スクポンが反乱軍のソン・ヒョジョン将軍と一騎打ち。
しかしまた大勢の女真族がなだれ込んできて、官軍は退却を繰り返すばかり。
イ・スクポンは、参戦に消極的だった永興府尹パク・マンを味方にしようと計画。
女真族撤退と即位認定をハ・リュンが手紙で知らせ、太宗に笑顔が戻りました。

西北面に集う女真族に、明の皇帝から「内戦に干渉せず撤退せよ」と伝令が到着。
遼東半島を火の海にすると脅され、女真族はいったん引き上げることにしました。
スポンサード リンク
<「龍の涙」あらすじ 102話>  | HOME | <「龍の涙」あらすじ 100話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント