*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「龍の涙」あらすじ 92話>

「不義をしているのは太上王様!チョ・サイは反逆者!信用してはだめです!」。
ホン内官が命をかけて直言しても、太上王・太祖の出陣への意欲は一層燃えます。

「善嬪アン氏は高麗遺臣の娘で、お付きのホ尚宮も高麗時代から宮殿づとめ?」。
王妃(元敬王后)は怪しみ、チョ尚宮(ポクソプ)は善嬪殿の見張りを手配。
そのころ善嬪の部屋に、格上の孝嬪キム氏(トクシル)が挨拶に訪れていました。
王妃様ともあろう方が嫉妬心をむき出しになさるとは・・・と非難した善嬪は、
王妃様のお辛い心情も理解して差し上げないと・・・と孝嬪に諌められますが、
このご時世ですから誰の子が王になるかわかりませんわ~と不敵な発言をします。

プチ別居する太宗と王妃の仲を「些細なことが大事を招く」とハ・リュンが心配。
しかしイ・スクポンは、外戚は口を出すなという太宗の計算だと説明します。
ミン家が気を悪くしていざこざが起こらないかというハ・リュンの危惧どおり、
イ・スクポンが何か企んでいるのでは?とミン兄弟がひそかに警戒を始めました。

さて今回の科挙では、武科の試験官をイ・スクポンとチョ・ヨンムが担当します。
学問の奥深さに目覚めたチョ・ヨンムは、明の科挙制度も参考にして出題を作成。
武科を受けるにしても学問が大切!と覚えたばかりの難しい故事成語を連発し、
ちょっと比喩がずれてますけどね♪とイ・スクポンに指摘されても何のその。
将軍たちに学識の高さを褒められて「そのとーり!」と自分で認めています♪♪

憧れの学者クォン・グンが主導する文科の試験には、全国の儒生が集まり大盛況。
科挙会場を見学しに太宗が出かけると知り、王妃が怒りを抑えて見送りに行くと、
善嬪も来ていてムカ~。高麗王朝の無念を晴らしに来たの?と一発かましました。
そして試問に立ち会った太宗は、ある儒生の不敵な回答に顔をほころばせます。
「君主は女や奸臣を遠ざけるべし!過去の功績でなく能力で選べ(功臣批判)!
今すぐに太上王さまを宮殿に連れ戻して、王室の威厳を高めるべきです!!」。
彼こそが首席のチョ・マルセン。楊州(ヤンジュ)出身、剛直で清廉な性格とか。
ちなみに武科の首席合格者は、甲士(カプサ)をしていたイ・ジンオクでした。
そんな合格者を称えている太宗のもとに、咸興の早馬からの報告が伝えられます。
太祖みずから矢を放ったと知り人々は騒然。太宗の周りだけ突然雷音が鳴ります♪
スポンサード リンク
<「龍の涙」あらすじ 93話>  | HOME | <「龍の涙」あらすじ 91話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント