*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王朝の暁~趙光祖伝~」あらすじ 9話>

余をからかうのか?その卑しい笑みはなんだ?出て行け!と憤慨する中宗。
全く臆せずシッケを差し出し、「かよわい娘に八つ当たりなさるのですか?」と
自分をかよわい呼ばわりするずうずうしいパク氏(パク・ウォンジョン養女)。
今起きていることは命がけで守ろうとしなかった王様の弱さが原因と指摘され、
中宗はちょっぴり心を開きかけつつも結局は怒鳴って追い出しました。
王様はいずれ私だけを追いかけるわ~フフフ♪とパク氏は自信マンマンです。

中宗はすぐに熙嬪のところへ行き、憎い平城君の娘に卑怯さを気づかされたと涙。
翌朝、熙嬪と話に花が咲いて朝まで起きてましたと報告された大妃(貞顕王后)は、
夜通し「話だけ」したの?と笑いながらも中宗にしっかり合宮の有無を確認します。
大妃は成宗にやさしくされたことがなく、髪を洗ってもらった熙嬪が羨ましいとか。

成宗の墓参りに行くと急に中宗が言い出し、ホン・ギョンジュにお供をさせました。
「馬にやる餌をくれ」という言い訳で竹洞宮(チュクトングン)に立ち寄り、
なんだかんだ言って出てこなかった廃妃シン氏と結局は涙の抱擁を果たします。
迎えに来た大妃殿のパク尚宮はあきらめて戻り、中宗はお泊りしちゃいました♪
シン氏と会っただと~!?と左議政パク・ウォンジョンらがさっそく問題視。
お供をしたのが功臣の中の不満分子ホン・ギョンジュというのも注目されました。
子供がいないシン氏のことは始末する必要はないだろうととりあえず決定します。

そして朝、竹洞宮で“夜警中”のホン・ギョンジュにシン・ユンムが前王の死を報告。
中宗元年(1506年)11月6日、燕山君が喬洞(キョドン)で病死したのです。
突然死を怪しむ声も多く、功臣の仕業では?という噂もあったそうです。
国葬にするかしないかでパク・ウォンジョンらと揉めた後、中宗が命じました。
「シン・スンソンの家を修理して燕山君の妃を住ませろ!王室に干渉するな!」。

貧しい村に続き、本日はチョ・グァンジョ様が妓生房を初体験なさいますよ!
パク・フンの仲介で、学問に興味があるというナム・ゴンという男と会いました。
ナム・ゴンは一時はチョ・グァンジョの後援者でしたが、後に死に追いやる人物。
ナム・ゴンの軽薄さが気に入らないチョ・グァンジョはさっさと退席した後、
妓生になったチョソンを目撃します。チョソンが今回の会見に絡んでいるようです。
その夜、ナム・ゴンが今度は真面目な顔をしてチョ・グァンジョの家を訪ねました。
スポンサード リンク
<「王朝の暁~趙光祖伝~」あらすじ 10話>  | HOME | <「龍の涙」あらすじ 66話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント