*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「龍の涙」あらすじ 66話>

結局トクシルの息子は乳母をつけてミン氏の実家で育てられることになりました。
この前のような事件があったばかりだから出歩くなとミン氏がトクシルに命じ、
危ないから別宅には行くなとバンウォンに言ってちょっぴりウザがられています。
トクシルのことを大目に見てほしいキム尚宮は装飾品(賄賂)をポクソプに贈り、
宮殿ではこんなものが手に入るのね・・・と賄賂を前にポクソプがニヤつきます。

改革が急速すぎた・・・と功臣たちにやさしく話すイ・バンウォン(靖安大君)。
開京に遷都するから心機一転みんなで力を合わせよう・・・!とたらしこみます。
絶対に裏がある!とイ・ゴイが疑っていたとおり、ハ・リュンは改革するつもり。
「多少の血を見ても私兵を解体させ、文官と武官の区別をつけて文治政治を。
兄上(バンガン:懐安大君)が刀を抜くときが靖安大君が王位に就くときです」。
そう提案されたバンウォンですが、もう兄弟で争いたくないと本気で嫌がります。

五男バンウォンの名前を聞くのもいやなほど立腹して毛嫌いしている上王・太祖。
定宗夫妻とバンウォン夫妻が遷都の報告に来ると、扉をぴしゃりと閉めました。
王にその態度はいけません!と弟分トゥン・ドゥランがとりなして対面させるも、
お前が王みたいだな!顔も見たくない!虫けらめ!と息子をけなしまくります。

太祖四男バンガンとパク・ポのもとに、罷免された将軍が集まって徒党を形成。
太祖を味方につけるためにバンガン息子のメンジョンがご機嫌うかがいに行くと、
昼間に顔をあげて歩きたくないから夜のうちに開京に行くと太祖が言い出し、
冷たくあたられていたメンジョンもお供になって開京に旅立ってしまいました。

次々に起こる出来事に心底震えている定宗夫妻が、退位について話し合います。
ミン氏の嫌味が気になっている定宗は、まずは王子を出家させることにしました。
『燃藜室(ヨルリョシル)記述』の古写本には次ように記されているそうです。
「王子たちに害が及ばないよう心配した王は全ての王子を寺に送り僧にした」。
この国の“世子”が出家するなんて!と徳泉君を連行された誠嬪が泣き叫びます。
スポンサード リンク
<「王朝の暁~趙光祖伝~」あらすじ 9話>  | HOME | <「龍の涙」あらすじ 65話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント