*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「龍の涙」あらすじ 64話>

腕に命中した矢を引っこ抜いて戦う勇ましいイ・バンウォン(靖安大君)。
騒乱のさなかに夫人ミン氏も輿から降りてきてバンウォンを気遣います。
イ・スクポンは外出中の上王・太祖に使いを送ってすぐさま引き返すよう伝え、
ぜーーったいに私兵を解体してやる!とより一層の決意を固めるのでした。

定宗やバンウォンの生母である神懿王后ハン氏の肖像画が出来上がりました。
生前の母上そっくりだ!口で伝えただけなのに♪(←え?)と定宗うっとり~。
その壁に飾ればバンウォンが喜ぶだろう♪と弟の機嫌ばかり気遣う夫のことを
王妃(定安王后)がやや軽蔑してるっぽい目線でしら~っと見つめています。

矢には毒が塗られていたらしく、バンウォンが死の淵をさまよっています。
力を振り絞って弱々しく手をふって人払いをしてから典医と二人きりになると、
ギロリと目を開けてガバリと起き(怖っ)「噂を流せ・・・」とささやきました。
危篤のふりをしてミン氏じゃなくトクシルの手だけを握るバンウォンが笑えます。
ハ・リュンは芝居にうすうす気づいているのか、功臣たちの言動を観察します。

早まって惜しい人材を失うことになった・・・と廃世子派チョ・サイが悲しみ中。
彼の手下だった刺客パク・トゥオンやソ・パルは襲撃したときに捕まりました。
その二人は「チョ・サイ様の名前は絶対に出さない!」と誓い合っています。

バンウォンが危篤と知って驚いた功臣や元老が、ぞくぞくとお見舞いに訪問。
太祖は「天が罰を与えたのだ!」と意気込んで宮殿に戻り、定宗に命じました。
「今こそ王の威厳を示すのだ。王命を下せ。謀反人バンウォンを始末せよ!」。
スポンサード リンク
<「龍の涙」あらすじ 65話>  | HOME | <「龍の涙」あらすじ 63話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント