*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「龍の涙」あらすじ 49話>

王妃(神徳王后)の死後、宮殿の警護が厳重になり、ものものしい雰囲気に。
何か起こりそうだわ・・・と長年の宮仕えの経験から予想するヨム尚宮を、
イ・バンウォン(靖安大君)と通じているイ内官がひそかに呼んで誘います。
「靖安大君夫人が王妃になったらそなたの命はないからこっちにつけば?」。
そのバンウォン夫人ミン氏の弟ムジルとムグは、隠していた武器を運び出し中。
父ミン・ジェは「育て方をまちがえた!」と憤慨しすぎてよろけるのでした

バンウォンの屋敷では、万一に備えてトクシルと赤子が外に避難させられます。
そしてハ・リュンがやってきて、バンウォンに決起前の最終指示を出しました。
「重臣や親族に会って、味方にはできなくても中立の立場にさせてください」。
さっそくバンウォンが身内同然のトゥン・ドゥラン(イ・ジラン)に報告すると、
チョン・ドジョンは国に必要な人・・・他に道はないのか?と聞かれました。
力は貸せない・・・と言いつつも、黙認してくれそうな気配のトゥン・ドゥラン。
世子様はどうなる?命は助けてくれるな?と問われたバンウォンが黙り込みます。

世孫が生まれ、世子の帝王教育も進み、遼東征伐の準備も整って、笑顔の太祖。
もし遼東平野が手に入ったら三峰(サンボン)平野と名づけよう♪と上機嫌です。
(三峰とはチョン・ドジョンの号。ドラマの会話ではいつも三峰と呼ばれてます)
国策に反対するチョ・ジュンやクォン・グンの罷免をチョン・ドジョンが願うと、
大事な功臣を排除することはできない・・・と太祖はすぐには認めてくれませんが
ハ・リュン以下のことはどうでもいいらしくすぐさま辞令を出してくれました。
ってことで、ハ・リュンは忠清道(チュンチョンド)観察使への赴任を命じられ、
イ・ブとチョ・ヨンギュは東北面へ、イ・ゴイやミン・ムグも軍から離されます。

一方、ナム・ウン、シム・ヒョセン、パク・ウィ、ユ・マンス、イ・ムたちは
親分チョン・ドジョンが制止するのも聞かずにひそかに計画を進めていました。
貞陵の移安軍(イアングン)としてイ・スクポンが都に入ったと聞き、ひと安心。
大君を皆殺しする作戦がうまくいくか占ってもらおう!と占い師を訪ねました。
占いではひどいめにあった!とパク・ウィ将軍が嫌がる場面がおもしろすぎです♪
スポンサード リンク
<「龍の涙」あらすじ 50話>  | HOME | <「王朝の暁~趙光祖伝~」あらすじ 6話>

スポンサード リンク


このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/09/28 09:45 ] [ 編集 ]
こんにちは♪いつもありがとうございます。

本当ですね!私ったら・・・おビールじゃあるまいし、
トゥン・ドゥランを丁寧語にしてどうするんでしょう(汗)
先ほど直しました。ありがとうございました!
[ 2011/09/28 22:16 ] [ 編集 ]
直しちゃったなんて残念!
おトゥン・ドゥラン、気にいってたのに~
うめこ様流の皮肉かと思ってバカ受けしてました。
私の脳内では「おトゥン・ドゥラン」で変換確定でございますっ!!
[ 2011/09/29 08:18 ] [ 編集 ]
ちゃおちゃおさま、こんにちは!
あまりにおもしろすぎたのでとりいそぎ返答ですっ。

> おトゥン・ドゥラン、気にいってたのに~
> うめこ様流の皮肉かと思ってバカ受けしてました。

すっごくバカ受けしてくださったのに大変申し訳ないのですが・・・
自信をもっていえるほど完全なる間違いなんです。
(具体的には「弟分」と入れようかと思い変換前に思いとどまり消し忘れ)

ワタシ的には「おトゥン・ドゥラン」で確定してくださっている
ちゃおちゃおさまのほうがおもしろすぎます・・・

それにしても、誤植があると親切に教えてくださる方や、
誤植を好意的に解釈して大受けして楽しんでくださる方など、
わたしは本当に恵まれていますね・・・感謝です。
[ 2011/09/29 18:17 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント