*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「龍の涙」あらすじ 41話>

明へ行くことを志願した芸文館提学クォン・グンの忠誠心に、太祖は大感激。
使者にクォン・グンを追っかけさせて“路銀の足し”を贈って激励します。
このとき、すでに明に抑留されていた人たちの家族も一緒に護送されました。
イ・セクの門弟で高麗の旧臣クォン・グンのこの行動は憂国心からというより
明に干渉されたくない勢力と実利を追求する勢力の葛藤が原因だったそうです。
「彼は高麗時代に殿下の悪口を明の皇帝に言ったユン・イとイ・チョの仲間だし
靖安大君の親戚だから絶対に死なないはず」とチョン・ドジョンは推測します。

王妃(神徳王后)の病が治らないと知った太祖は、全国の寺に祈願を命じました。
罰を与えられて宮殿を叩き出されたキム尚宮にとって、王妃は不倶戴天の敵。
王妃に比べればこの家の奥様などかわいいものと評してますが・・・そうですか?
後のことをよろしくと王妃に頼まれたトゥン・ドゥラン(イ家とは家族同然)は、
内侍府の判事イ・ドゥクプンの私邸で療養させては?と太祖に提案しました。

王妃の転地療養の件を相談されなかったチョン・ドジョンはちょっぴりロンリー。
バンウォンの動きが活発と知らされるも、下手に動くなと部下を抑制しました。
その報告どおり、バンウォン(靖安大君)はそろそろ動く時期だと判断しており、
私兵を抱える配下たちとの結束を固めるなど決起の準備に余念がありません。
そんなバンウォンにハ・リュンが、イ・スクポンを引き入れましょうと進言。
「彼のことを考えるとなぜか笑ってしまう」らしいバンウォンはくすりと笑い、
じゃあ安山に行ってみようか・・・とイ・スクポンのスカウト作戦を承諾します。

転地療養しても王妃の劇的快復はみられず、不安定な精神も治らないようです。
見舞いに来たチョン・ドジョンに世子バンソク(宜安大君)のことを必死で頼み、
バンウォンを殺してください!!と目を充血させて悲鳴を上げ続けるのでした。
スポンサード リンク
<「龍の涙」あらすじ 42話>  | HOME | <「龍の涙」あらすじ 40話>

スポンサード リンク


 こんばんはー
ここにきてブレインの差がでてきましたね^^
うめ子様のあらすじ解説、今回は先読みさせていただいてはいないのでイ・スクポンがどちらに付くかわからなかったのですが
今日馬上で「大監は私を甘く見ている・・・ブツブツ・・・・」才能を高く買っていない的な台詞がありましたね
どうやらバンウォンさんのほうへ付きそうです♪
ハ・リュンに加えイ・スクポンがくるとなるとチョン・ドジョン一派
は苦しいですね。。というか、天才も良い仲間にめぐり合わないと大事は成せない(明討伐)ということでしょうね。。

※今日『ピカー!』の雷シーンがありましたよ~
[ 2012/07/20 20:21 ] [ 編集 ]
CATVで録りためたものを、ぼちぼち見ています。(昨年末に放送終了したんですが…)
今60話位ですが、私も雷が出るたんびに、おー何が起こるのかなーと楽しみに見ております。
サンテレビの地域ですので、時々リアルタイムでも見ております。
まだ神徳王后がご健在ですね。
ほんと、ちゃんと年の順にしておけば、ここまで揉めなかったし、王妃が病気になるほど気を遣う必要もなかっただろうに…と思います。
だいたい、太祖はいい年なんですから、もし病気にでもなったらと考えて成人した息子を太子にしておかないと、こんな建国早々に危険だとか思わなかったんでしょうかね。
[ 2012/07/21 13:40 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント