*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「女人天下」あらすじ 142話>

側妻のくせに正妻を追い出そうとしただけでなく私まで欺いていたとは!と
王妃(文定王后)は有頂天なナンジョンを許さずオム尚宮に刑場の用意を命令。
ナンジョンの行動は王妃様への忠誠心からですと正妻キム氏はかばいますが、
それでも許せない王妃はキム氏にナンジョンの生死与奪権を与えるのでした。

世子の孝行心に感動して世子を許した中宗(このとき50歳すぎだそう)は
譲位の公論を主導した判府事大監ユン・イムのことも許すことにしました。
そんな判府事は、世子を支える学者を育てるための資金を用意しました。
判府事一派がイム・ペクリョンに声をかけると、イムはそのお金を破ります。
女をめぐる争いから端を発したこの二人の小競り合いは世子の前でも展開。
外戚を遠ざけろと判府事の前で発言するイムの気骨を世子は気に入ったようです。
そして厚化粧妓生ソ・ウォルヒャンは、判府事の側妻の座をめでたくゲット~!
判府事に強引に妓籍を抜かれたと泣いてイムに説明し、銀の小刀を贈りました。
ウォルヒャンを使い判府事とイムを結託させないのがナンジョンの狙いなのです。

前話で倒れたタンチュ僧侶を、革靴屋おじさんとパンおじさんが見舞いました。
ナンジョンのことだけが気がかりだ・・・と病床の僧侶は二人に打ち明けます。

ユン家に戻ってきた正妻キム氏はユン・ウォンヒョンがやさしく迎えられ、
しおらしくチョル(丁寧なお辞儀)して蔵の鍵を返すナンジョンを不気味がります。
そんなとき、結婚後十数年(二十年以上かも)経ったキム氏が、なんとご懐妊!
ナンジョンの本性を知る王妃が危惧したとおり、さっそく嫌がらせが始まります。
まずは「キムさんが男を引き入れていた噂がある」とウォンヒョンに耳打ち。
次に異母兄チョンニョムに賊のフリをさせてキム氏の部屋に押し入らせると
ウォンヒョンがキム氏に贈った装飾品と衣類の紐をこれみよがしに落とさせます。
妻を疑い始めるウォンヒョンを見て、性格悪いナンジョンがほくそ笑むのでした。
スポンサード リンク
<「女人天下」あらすじ 143話>  | HOME | <「女人天下」あらすじ 141話>

スポンサード リンク


ナンジョンは ホントに なんで あんなに キムさんに 意地悪なんでしょか・・・

キムさんも もっと 言い返したらいいのに・・・

サンテレビの放送も もう終わりですね~
前半は 展開が遅くてイライラしましたが
最近は 早すぎ・・・

しかも あんなに 産むの
産まないのと騒いでた 息子くんは いずこに・・・
女人天下は 消えていくキャラ多いイですよね・・・
それとも カットされてなくて
みれてないんでしょうか???

謎です
[ 2010/05/14 10:29 ] [ 編集 ]
横からすみません!
さあこ様

サムくん?大きくなった(10歳くらいか?)姿は120~130話あたりで一瞬みましたが、女人天下は消えていくキャラ多いですね。ナンジョン母に至っては全く何の説明もなく消えた気が…

それと100話あたりまではかなりくどい(笑)ペースだったのに終盤は逆に早く進みすぎ展開になかなか追いつけません。

ちょうど同じ感想を抱いていたものでつい横から口を挟んでしまいましたm(_ _)m
[ 2010/05/14 18:16 ] [ 編集 ]
黄梅さま

教えていただいて ありがとうございます
ちょうど
BSで放送中の回をみたら

ナンジョンが
大騒ぎをしてたので

そういえば・・・と
思ったのでした

ナンジョン母のことは すっかり 忘れてました(笑)
そういえば 最近みませんね~

も一つ言えば
ナンジョンの出生の秘密って
意味あるのか 
こちらも 疑問です!!
[ 2010/05/17 20:04 ] [ 編集 ]
前回はお名前を間違えてしまい大変失礼致しました。本当に申し訳ありません!私はいつもそそっかしいので、気をつけますm(_ _)m


消えたといえば、パルングン流刑地に追いかけたメヒャン母はどこへ?と思いました…パルングン都に戻っても登場したのかわかりませんでした(-_-#)

最終回近くではメヒャンのキバン下働きだったシムトゥンがパンプサユンイムのお屋敷で見られるそうで楽しみです♪キルサン妹も消えたような…ヌングムも微妙な退場でしたし(-_-#)

ナンジョン出生の秘密と言えばパルングンとキーセンの間に生まれたことですよね…トチョングアンの庶子として育てられましたが…違っていたらすみません(T_T)

キム氏を見てると歯がゆいですよね?あの女優さん、ほかのドラマで王妃にすら喧嘩を売る強い側室役だったので、そちらを先に見て女人天下に来た時は慣れませんでした!
[ 2010/05/17 23:38 ] [ 編集 ]
いえいえ こちらこそ いつも いろいろ教えて
頂いて
ありがとうございます

残り わずかな ナンジョンですが
楽しんで 見ます♪
[ 2010/05/21 10:30 ] [ 編集 ]
さららさま、こんにちは~~♪

> ナンジョンは ホントに なんで あんなに キムさんに 意地悪なんでしょか・・・
> キムさんも もっと 言い返したらいいのに・・・

私もそう思います!身分が絶対だったのだから、
もすこしキムさん強く出て~って思っちゃいます。


> しかも あんなに 産むの
> 産まないのと騒いでた 息子くんは いずこに・・・
> 女人天下は 消えていくキャラ多いイですよね・・・
> それとも カットされてなくて

サム、消えちゃいましたよねー
私はノーカット版を見ていると思うのですが
やっぱりみんなフェードアウトでしたよ~~

ナンジョン出生のひみつは私も不要だと思います!!
[ 2010/06/10 02:50 ] [ 編集 ]
サンテレビの字幕では、ナンジョンはキムさんのことを「義妹」と呼んでいて、
この回では王妃様の前で「義妹」と呼んでしまい、思いっきり怒られていました。
で、Gyaoの字幕では「キムさん」になってたので、このへんはどう訳されるのかな?
と思っていたのですが、呼び方については余り言及ありませんでした。
聞いていると「アウンニム」と呼んでいるので、
たぶんサンテレビの字幕は間違ってないんだろうと
思うのですが、わかる方いらっしゃったら教えてください。

ちなみに、初めに「アウンニム」と呼んだときにキムさんに問い返されて、
「私が先に嫁に来ることになってたんだから…」というような屁理屈をナンジョンは言ってました。

Gyaoの方もあとわずか、敬嬪が亡くなってからはドラマの運びもお片付けのようですね。
(前回も、展開早い…と思いましたが)
キム・アルロ死亡辺りまではまだちょっと展開に含みがありましたが、
ウォンヒョン家のごたごたに興味がないので飛ばして見てるせいもあり、
ほんとにお片付けモードに見えます。
この辺全部まとめて最終回でもよかったんじゃないかなあ。

ところで、メヒャンの女優さんの事情が許せば、
メヒャンがユン・イムの側妻になって、陥れることになったんでしょうか?
なんかそれは見たくなかったような…史実と違ったとしても(?)
この流れの方がよかったな、と思います。
あのかわいいメヒャンがユン・イムを陥れるのも見てみたかった気がしますが。
[ 2011/06/06 20:38 ] [ 編集 ]
天鼓さま、こんにちは!コメントありがとうございます。

> サンテレビの字幕では、ナンジョンはキムさんのことを「義妹」と呼んでいて、
> 聞いていると「アウンニム」と呼んでいるので、

私もよくわからないのですが、弟分を呼ぶときにアウニムってよく呼んでますね。
たとえばいま私が見ている「龍の涙」でもそうですし他のドラマでもそうです。
残念ながら女性に対する呼び方を目撃したことは内のですが
目下の者を指した呼び方であるのは間違いなさそうです。


> ほんとにお片付けモードに見えます。

いやいや、ほんとに前半あれだけダラダラしてたくせに
片付けモードが素早すぎでしたよね!(笑)
最終回なんて、ド散らかった部屋を秒速で片付けまくってましたし。


> ところで、メヒャンの女優さんの事情が許せば、
> メヒャンがユン・イムの側妻になって、陥れることになったんでしょうか?

多分・・・そうだったのかもしれません。
韓国ドラマはよく途中で脚本が変わるそうなので、
メヒャンならメヒャンでリクエストにより変わった可能性もありますが・・・。
[ 2011/10/08 01:16 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント