*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ68話>

睿宗は「そなたを信じる」となぜかあっさりハン・ミョンフェの潔白を認めてくれ、
共謀者は誰だ?とナム・イに問いました。するとナム・イが挙げたのはカン・スン。
(当時の領議政が亀城君ではなくカン・スンだと誤記している史書も多いとか)
ハン・ミョンフェと亀城君と永順君を討つ計画を立てましたというナム・イの告白に、
とつぜん巻き込まれた老臣カン・スンがびっくりして否定しまくります。
厳しい取調べの後にナム・イが告白した真意は今もって不確かだそうですが、
この事件がユ・ジャグァンの虚偽の告発で引き起こされたのは事実だとか。
以後、友を陥れたユ・ジャグァンは軽蔑され、誰からも相手にされなくなります。

横柄で傲慢なお前のことを心配したクォン・ナムに頼まれていたが守れなかった、
あの世で再会する顔がない・・・とハン・ミョンフェがナム・イに話しました。
『実録』にもナム・イの傲慢な性格のせいで嫉妬を買ったと記されているそう。
こうしてナム・イや名前を挙げられたカン・スンたちがこの世を去りました。

山から下りたキム・シスプ(梅月堂)が雪岑という僧侶になって呑んだくれ中。
おそらく旧友のシン・スクチュが彼のことを何かと気遣ってあげていますが、
変節して世祖についたとシン・スクチュを罵るばかりのキム・シスプでした。

領議政のパク・ウォンヒョンが就任後一ヶ月で逝去しました。
そこで大妃(貞顕王后)と睿宗がハン・ミョンフェに後任を頼み込みます。
領議政に2度も登用されるのは前例がないからと躊躇していたハン・ミョンフェが
やっとこさ承諾すると大妃と睿宗は涙を流さんばかりに喜びました(不自然~)。

次の領議政にはホン・ユンソンを推薦するつもりのハン・ミョンフェに、
叔父を手にかけたあんな男に国を任せるの?と不安がる粋嬪ハン氏(当然です)。
しかしミョンフェは、今は院相制度だから領議政にたいした実権はないと説明。
粋嬪の息子を王にするなら姻戚の自分が領議政じゃないほうがいいと話します。
昇進を前にウッキウキのホン・ユンソンを、僧侶キム・シスプが罵りまくりました。
スポンサード リンク
<「龍の涙」あらすじ 19話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ67話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント