*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ66話>

死期を悟った世祖は、孝寧大君邸やかつて住んだ潜邸(=粋嬪ハン氏邸)で療養。
親族たちとひとときを過ごした後、意外なことにハン・ミョンフェ宅を訪ねます。
14年間の治世を涙ながらに振り返った後で、世祖がミョンフェに釘をさしました。
「これ以上欲を出すな、ファンボ・インたちと同じ轍を踏むな、世子を補佐しろ」。

領議政イ・ジュン(亀城君)と工曹判書ナム・イが功臣の処遇をめぐってプチ揉め。
このときナム・イが功臣の謀反を警戒して口にした「謀反」という言葉を
すかさずユ・ジャグァンが問題視してナム・イの弾劾に動き始めました。
ところで前話で世祖に叱られたホン・ユンソンの素行が全く治ってませんねー。
女性を的の前に立たせて矢を放って遊んだり、民の田んぼを取り上げたりしてます。

世祖14年(1468年)8月23日、世祖がナム・イを兵曹判書に任命しました。
癸酉靖難と丙子年の獄(死六臣事件)の関係者すべての赦免も命じます。
さらに謀反を防いで確実に王座を継がせるために、世子への譲位を決意。
元老を敬うのはよいが重用せず俊才と共に国を導け・・・と言い聞かせました。

粋嬪ハン氏がシン・スクチュ(高麗君)を呼びつけて政治に口出しスタート。
30歳の若造や19歳の世子に国を任せられるのか?とたきつけますが
慎重なシン・スクチュは行動を起こそうとはせず「待ちましょう」と答えます。

そして9月7日、世祖が世子に譲位し、即位式をとりおこないました。
こうして世祖が上王となり、二男の海陽大君が王座につき睿宗の治世が始まります。
睿宗はすぐさまナム・イを兼司僕将に、パク・ジュンソンを兵曹判書にしました。
降格されたナム・イが反発するも、「経論にたけた元老に頼る」と睿宗が宣言。
あれだけ言い聞かせて人事の布石も打ってきた世祖がちょっとお気の毒ですよね~。
スポンサード リンク
<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ67話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ65話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント