*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ65話>

幽閉をとかれて帰宅したハン・ミョンフェを粋嬪ハン氏が訪ねて労っています。
時代は変わりました・・・と自嘲気味に現在の政局を説明するミョンフェ。
若造や庶子に政治はできませんわ!という粋嬪ハン氏の憤慨をよそに
世祖はイ・ジュン(亀城君)やナム・イを敵愾(チョクゲ)功臣に封じました。
敵愾功臣は、開国・定社・佐命・靖難・佐翼功臣につづく開国以来6番目の功臣。
亀城君とナム・イはもちろん一等功臣ですが、問題は庶子のユ・ジャグァンでした。
そこで世祖はユ・ジャグァンを兵曹正郎に任命するという破格の人事を決行。
文科も武科も受けていない庶子をそんな役職につけてはなりません!と
チョン・チャンソン、チェ・ハン、ク・チグァン、ホン・ユンソンが次々と抗議。
しかし世祖はまったく取り合わず、ジャグァンが重臣らをムッとして睨むのでした。

世祖は若手3人を世子に連れさせて王妃(貞熹王后)に挨拶に行かせます。
ところが王妃は「無分別な血気に国は治められない」と冷たい反応でした。

ホン・ユンソンが就任三ヶ月で右議政の座を下ろされちゃいました。
左議政にホン・ダルソン(南陽君)が任命されますが、功臣たちの雲行は怪しいまま。
世祖の療養先でユ・ジャグァンを及第させるための科挙を行う予定だというのです。
そして翌世祖14年(1468年)2月13日、温陽温泉で文武科の初試と重試が実施。
これはユ・ジャグァンを首席合格させるための特別処置だったそうで、
選考官であるシン・スクチュとチョン・チャンソンが選んだ3つの答案の中に
ユ・ジャグァンの答案がないと知った世祖が「なぜないんだ?」とムッカー。
古語の引用が多すぎて文法もおろそかなので・・・とシン・スクチュが説明しても、
古語を引用するのは学識が豊かだからだ!と屁理屈こねて首席及第させました。
庶子ではなく兵曹正郎として受験・合格したジャグァンは即日で兵曹参議になります。

ある日、世祖夫妻がお散歩していると、あるご夫人が木に登って泣き叫んでいました。
ホン・ユンソンの叔母であるそのご夫人は、ユンソンが夫を殴って庭に埋めたと直訴。
(ご夫人の頭に葉っぱがついててマヌケなのですが、演出なのかがナゾです)
世祖は長いセリフまわしでオヨヨと激昂してユンソンを叱るも処分はしません。
しかしその後で倒れてしまい、目覚めると若手二人を呼んで重職を与えました。
なんと領議政に亀城君@30歳、工曹判書兼五衛都官にはナム・イ@28歳・・・。
若手の台頭に時代の変化をひしひしと感じる功臣たちは、耐えるしかないのでした。
スポンサード リンク
<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ66話>  | HOME | <「龍の涙」あらすじ 18話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント