*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「龍の涙」あらすじ 13話>

王妃(神徳王后)からの催促を受けたイ・バンウォン(靖安大君)夫人ミン氏は、
そんなにアタシに会いたいなら行ってやるわよフン!と宮殿へ乗り込むと、
義妹にあたる世子妃ユ氏にもきちんと挨拶して王妃の美しさを褒め称えました。
同席していたチョン・ドジョン夫人チェ氏が、嫁姑の仲のよさに感心します。

世子バンソク(宜安大君)はマザコンでシスコンらしく、世子妃ユ氏には無関心。
夫に相手にされず一人さびしく十五夜の空を見上げる世子妃ユ氏にせがまれ、
内官イ・マンが退屈を紛らわせるために昔話や身の上話を披露してやります。
お礼に簪を賜り恐縮しまくる内官の手を握り、怪しく見つめる世子妃ユ氏でした。

建国に貢献したのは夫なのにあのメギツネ(=王妃)が世子の座を横取りした!と
ミン氏が父ミン・ジェの前で憤慨している頃、夫バンウォンは配下と狩へお出かけ。
「適当にほめとけ」とチョン・ドジョンに役職を与えられた“元ごろつき”一同は
親分バンウォンが世子になれず開国功臣にも封じられなかったので憤っています。
その夜、バンウォンが酔っ払って妓生房に行くと、チョン・ドジョンに遭遇。
チョン・ドジョンを昔のように「アジョシ(おじさん)」と嫌味を込めて呼びます。

明日は狩に行くけど人間を狩るのだ・・・と話していた太祖(イ・ソンゲ)が、
門下右侍中チョ・ジュンを伴って果川(クァチョン)方面へと赴きました。
世を捨てて山奥で暮らすチョ・ジュンの弟チョ・ユンをスカウトするためでした。
私には仕える王はいない!とチョ・ユンは久しぶりに会った兄を冷たく突き放し、
民のために私を助けてくれ・・・と出仕を頼む太祖を指差して「イ殿」呼ばわり。
その無礼さに怒ったトゥン・ドゥランが思わず剣を抜き、太祖が諌めるのでした。
スポンサード リンク
<「龍の涙」あらすじ 14話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ64話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント