*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ64話>

二人の功臣を関雎殿(クァンジョジョン)に幽閉させて兵に囲ませた世祖。
兵を信用できずに銀川君(ウンチョングン)と金山都正に兵を監督させますが、
王族である彼らのことも信用できず今度は承旨2人に二重に見張らせました。

あの二人が反逆を企てるわけありません!と王妃(貞熹王后)が世祖に訴えていると、
シン・スクチュ(高霊君)の長男シン・ミョンの訃報が北方から舞い込みました。
イ・シハプ率いる反乱軍により、威興(ハムン)で命を落としたというのです。
北方では、亀城君やナム・イが率いる討伐軍が苦戦を強いられていました。
イ・シエの甥ホ・ユレを利用して敵に内紛を起こせと亀城君に提案するユ・ジャグァン。
都に戻ると、大恩を受けている二人が謀反を企てるわけがありませんと世祖に報告し、
二人にかかわる噂を流したのはイ・シエの陰謀に違いないと見解を示しつつ、
5本の矢を受けても奮闘するナム・イを昇進させて士気を高めろと進言しました。

世祖がやっとこさハン・ミョンフェ(上党君)とシン・スクチュ(高麗君)を放免。
「そなたたちを許したが政事を顧みるときは独断を控えろ」という書状を渡します。
すると今度はチョン・チャンソンやイ・シエらが釈放に疑問を呈しました。
イ・シエを取り調べてもないのに二人が潔白かどうかわからない!との主張でした。
世祖はその訴えを退けて追い払うと、世子(海陽大君)に言い聞かせます。
「上党君と高麗君には大いに働いてもらったがお前の時代には若手を活躍させろ」と。

ユ・ジャグァンの策が効を奏して、イ・シエやイ・シハプが捕えられました。
父が反乱軍に捕らわれていたホ・ユレが、イ・シエの部下を説得したそうです。
ハン・ミョンフェらの噂は単なる作戦だったと認めた後、イ・シエは車裂きに・・・。
咸吉道全体を巻き込んだイ・シエの乱が、三ヶ月を経てようやく鎮圧されました。
スポンサード リンク
<「龍の涙」あらすじ 13話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ63話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント