*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ62話>

領議政ハン・ミョンフェ(上党君)とシン・スクチュ(高麗君)が呼ばれ、
病がぶり返したので二人に政務を任せたい・・・と世祖に頼まれました。
しかしミョンフェはユ・ジャグァンの「領議政やめろ」発言が気になっており、
よどんだ水は濁るだの欲にまみれていないことを示すだのと言い出してます。

領議政就任からわずか6ヶ月で辞任を願い出たハン・ミョンフェに世祖がお怒り。
後任は領議政ファン・スシン、左議政シム・フェ、左議政チェ・ハンに決定です。
民心が乱れているなら引退も得策だと粋嬪ハン氏はミョンフェの辞職を評価し、
長年の功臣ですから・・・と王妃(貞熹王后)も必死にかばっています。

世祖の判断力が鈍り猜疑心が強くなったこの頃、「イ・シエの乱」が発生します。
世祖13年(1467年)5月16日、咸吉道のイ・シエが書状を提出しました。
「私奴婢のコ・ウプドンを吉州で捕まえたのに、カン・ヒョムンが放免しました。
カン・ヒョムンの部下ヒョン・ドゥクリは兵を率いて上京しようとしましたが、
これはハン・ミョンフェやシン・スクチュと書簡で示し合わせていたからです。
カン・ヒョムンが反逆を企てていると確信しましたので彼を始末し、
イ・シハプにはカン・ヒョムンの配下の将を始末させました」という内容でした。

告発した本人のイ・シエのほうが怪しいです!と重臣ク・チグァンらが主張し、
観察使シン・ミョン(スクチュ息子)からもイ・シエと食い違う報告が到着。
世祖は亀城君@29歳やナム・イ@27歳を討伐軍として派遣しました。
これは、北方が冷遇されていたことに対する不満から起こった事件だそうです。

丹腫で寝込んでいたハン・ミョンフェは、自分が告発されたことにびっくり。
功臣の彼らが謀反を企てるはずがありません!と粋嬪が王妃に無実を訴えるも、
疑い深い世祖のことをどうにもできないと王妃は弱りきるばかりでした。
こうなったのも彼らが軽率だったからだ!と世祖は功臣二人の落ち度を責め、
シン・スクチュとその子供たちが義禁府にぶちこまれちゃいました。
病のハン・ミョンフェは自宅を兵に見張られ、息子ボと婿ユンバンが捕らえられます。
スポンサード リンク
<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ63話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ61話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント