*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「女人天下」あらすじ 137話>

敵(希楽堂)の家門であるキム氏をいつまで正妻にしておくのですか!?と
ナンジョンが自分の一等功臣ぶりを強調しつつユン・ウォンヒョンに迫りました。
キムさんをかばっていた義父が逝去したので、追い出しやすくなったのですね。
それを聞いていたキムさんは傷つき「しばらく実家に帰る」と申し出ました。
ウォンヒョンはそれを止め、キムさんのやさしさにじーんときて合宮♪♪♪
・・・しかけたのにナンジョンがしっかり邪魔します。ほんとにヤな女ですよ。
ちなみにこの時代の国法では、ナンジョンを正妻にするのは無理だそうです。

キム・アンロ(希楽堂)の専横をチョン・グァンピル(守天大監)が中宗に嘆くと
希楽堂は20年前の事件(章敬王后の墓のこと)をネタに守天大監を追放しました。
傲慢な希楽堂をどうにかしたくても、中宗でさえキム・アンロ軍団が怖いのです。
そんな恐ろしい希楽堂の魔の手は、王妃(文定王后)の身内にものびてきました。
ウォンヒョンと取り巻き3人組がいきなり禁府に捕らえられてしまったのです。
そこで王妃は賓廳(会議室)へ行って叱りつけ(希楽堂以外の大臣はタジタジ)
ついでにその場で具合が悪くなった演技をして重病に陥ったことにしました。

希楽堂と通じるチャン・デインは「欲深な官吏のように」官職売買で大儲け中。
末の息子の婚礼を控えた希楽堂の家では、国婚ほどの豪華な準備をしていました。
妓生ソ・ウォルヒャンは希楽堂と喧嘩した判府事ユン・イムに「お仕え」済み♪
「兄のほうはどうでもいい(希楽堂弁)」ので逮捕を逃れた王妃長兄ウォンロは、
元希楽堂派の判義禁府使キム・ホンと大提学パク・ヒリャンを判府事に会わせます。

世子が王妃を見舞い、姉・孝恵公主の逝去時刻ごまかしの件を切り出しました。
義父・希楽堂のために灼鼠之変を起こしたことを孝恵公主が私に告白したから
希楽堂は真実を知る私を追放するだろうが大君だけは守って・・・と王妃が頼み、
またまたいつものパターンながらこの会話を中宗がしっかり聞いています!
しかも中宗ったら、実はユン・ウンポ判書に希楽堂を密かに調査させていました。
調査結果を見た中宗は「盗人に蔵の鍵を渡していた!」と驚愕&憤慨(いまさら)。
ついに希楽堂を追放すると決意し、判府事ユン・イムを呼んで密旨をくだします。
スポンサード リンク
<「女人天下」あらすじ 138話>  | HOME | <「女人天下」あらすじ 136話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント