*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 182話>

今回は仁粹(インス)大王大妃がシン・スグンにすごい告白をしましたよ~!
「廃妃ユン氏に何の罪があったというの?・・・それは世継ぎを産んだこと。
もう一つだけあるとすれば嫉妬だけど嫉妬をしない女なんていないわ」と笑われ、
どういう意味ですか??とシン・スグン(燕山君義兄)は全く理解できません。
つまり、世継ぎを産んで大妃の座についたらユン氏に宮殿ごと奪われてしまうと。
だから没落した家門から選んだのに息子を産んだ途端に傲慢になったので
官僚を追放の共犯者にすることで王室に頭が上がらないようにしたというのです。
「私だって好きでしたことではない。晋城(チンソン)を守ってあげて」と頼み、
晋城大君を守るために燕山君を不孝者にしておきたいからと和解を拒みました。

燕山君の次の標的は、母の暮らしぶりについて嘘を報告したパク内官やイム尚宮。
お祖母様~!こいつがお祖母様に指示されたと嘘ばかりつくんです!と
みえみえの演技をしながら大王大妃殿に乗り込んで行きました。
王妃シン氏に相談された大妃(貞顕王后)は、守らなきゃ!と大王大妃殿へ。
プチうろたえ中の晋城大君(中宗~:笑)を、そなたも来るのです!と一喝します。
大妃がやってきて止めるわ、中から出てきた月山大君夫人パク氏が毅然と叱るわ、
燕山君の仁粹大王大妃への攻撃を防ごうとして大王大妃殿前は大騒ぎ。
なぜたった一言謝れないのか?と怒鳴って燕山君が帰っていきました。

殿下は聡明で正気を失ってなどいませんとシン・スグンが大妃を安心させます。
「きっと10年以上前から真実を知っていて、怒りを表す時を待っていたのです。
30歳近い今まで頭があがらなかった大王大妃様を怖れていらっしゃいます。
でも本当に怖いのは大王大妃様です。実に恐ろしいお方です・・・」と。
なぜ祖母上が恐ろしいのですか?と尋ねる晋城大君(娘の夫)には、
かつて仁粹大王大妃は自分の肉を子に与えるクモのように生きると言った、
そんな気持ちで晋城大君を守ろうとしているのだ・・・と説明しました。
当の大王大妃は、快復して晋城大君を守りたいという一心で食事を摂っています。

新しい人事で、ユン氏の弟ユン・グ(燕山君の叔父)が兵曹参判になりました。
粛清しすぎて人材がいないため、左議政や右議政は判書からひとっとびの大昇進。
ユ・ジャグァン(武霊君)が役職につけない不満をイム・サホンに漏らします。
イム・サホンは淑媛チャンノクスに、そのうち兵曹判書になりたいとお願い。
謀反を予期しているのか、王を守るには兵権が必要ですと話します。
自分の息子を捕らえた武霊君のことは昇進させないようにと頼みました。

大王大妃の弾劾を促したのに行動を起こさない左議政らに燕山君がムカつき中。
官僚にそんな勇気はありませんよと斉安大君が笑い、燕山君がまた大王大妃殿へ。
そんな無茶をできるのは殿下だけです♪と王を見送った斉安大君が笑っています。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 183話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 181話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント