*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 164話>

ユン氏の兄たちは流刑になっており、さびしい葬儀にならざるを得ません。
世継ぎの母でなければ棺も送らない!野火送りのための輿なんて許さない!と
お怒りだった仁粹(インス)大妃ですが、立派に葬ってやりたいと成宗に言われ、
納棺と埋葬のための尚宮を送れと命令。この件についての緘口令を敷きます。
一人になるとなんともいえない表情で涙をこぼし、世継ぎユンを抱きしめました。

男性が持ち上げようとしてもびくともしなかったユン氏の棺が、
成宗が届けたノリゲを左承旨イ・セジャが置いた途端に動き出します・・・

12年後の成宗25年(1494年)、
19歳の世子(燕山君)は自分を見る周囲の目がおかしいのに気づいており、
風流人として名を馳せる叔父の斉安大君(安順王后息子)に頼っています。
オレのためなら死ねるか?と内侍キム・ジャウォンを吊るす有名エピも登場です。
(アン・ジェモさんは「王と私」より「王と妃」のほうがカッコイイと思います)

仁粹大妃は晋城(チンソン)大君(貞顕王后息子)を可愛がっているらしく、
世子(シン氏と成婚済み)の舅シン・スンソンと義兄シン・スグンが焦り中。
息子が成宗の娘(徽淑翁主)と結婚したイム・サホンはちょい羽振りがよく
司饔院の提調に甘んじているユ・ジャグザン(武霊君)がうらやみます。

成宗はまだ38歳にもかかわらず執務が滞るほど重い病にかかっていました。
すでに月山大君と明淑公主を亡くしている仁粹大妃が、
残る一人の息子を死なせてなるものか!とおそろしい表情で闇を睨みます。
スポンサード リンク
<「同伊(トンイ)」NHK BSの動画を見てみました>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 163話>

スポンサード リンク


ハン・ミョンフェが急にでなくなっていますが、亡くなったんだろうか不思議です。
[ 2011/07/23 21:03 ] [ 編集 ]
陵東君さま、はじめまして!コメントありがとうございます。
たぶんこの頃ミョンフェは亡くなっていると思います。
というのも燕山君の時代に死後にもかかわらず刑を下されるので・・・

と思って調べてみたら、成宗18年に逝去しているそうです。
あんなに前半の重要人物だったのに、
天に召されるシーンもなくあっさり・・・でしたね。
[ 2011/07/24 07:18 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント