*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 163話>

チェ尚宮の報告を受けた仁粹(インス)大妃は廃妃ユン氏の処分を強く迫り
長引いても苦しみが増すだけ・・・と成宗が観念して美しい夜空を見上げます。
深夜の宣政殿に集めた重臣たちにユン氏の処遇についての意見を求めると、
大妃の報復が怖いのか誰も処分に反対できず、成宗は絶望の中で決断を下しました。
弱りきって寝込む大王大妃(貞熹王后)は自分と世祖の業の深さにおののくも、
もちろん大妃が変心するはずもなく、早くこうすればよかった!と高笑いです。
さすがのハン・ミョンフェ(上党君)や領議政チョン・チャンソンも茫然自失。
燕山君を暴君にした責任の一端は、日和見的な上党君にもあるそうです。

成宗と同じように星空を仰いで吉報を待ち望んでいたユン氏でしたが、
翌日屋敷にやってきたのは賜薬を携えた左承旨イ・セジャらの一団でした。
イ・セジャが辛そうに王命を読むと、ユン氏は都事と承旨に微笑んで話しかけます。
「私は仮にも王妃だったから敬語は使わないけど許してちょうだい。
きっとそれは猛毒だろうから私の最期が安らかで美しいはずがない。
私は仮にも世継ぎの母親だから、部屋の中で死なせてほしいの・・・」。

せっかちな禁府都事が「さっさと飲め」と急かし、イ・セジャがそれを諌める中、
部屋に入ったユン氏は母シン氏に無念を言い残して潔く飲み干しました。
「殿下が春と秋にお参りにいく太祖の墓所の近くに埋葬してください。
世継ぎが成長して王になったら大妃が私にした仕打ちを話してください。
これ(血つき手ぬぐい)を世継ぎに必ず渡してください・・・」。

亡骸を葬るために必要だろうと成宗は左承旨をユン氏の屋敷に残らせて処理させ、
良質の木で作った棺を送ってやりなさいと命じる仁粹大妃でした。
次回からは大人になった燕山君が登場するようですよ~!
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 164話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 162話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント