*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 161話>

ユン氏を生かしておけば世継ぎが居場所をつきとめて復位されてしまう!と
元嫁を処分したがる仁粹(インス)大妃に従兄ハン・チヒョンはたじたじ。
じゃあ嫡廃したら?と提案すると、世継ぎは私の孫よ?とシラッと否定されます。
仁粹大妃は次の王妃に世継ぎを育てさせ生母のことを隠し続けるつもり。
顔も知らない母親のために世継ぎは何もしないだろうと踏んでいました。
私は指一本動かさなくても重臣たちが処分を求め始めるはず♪と高笑いします。

廃妃ユン氏は母シン氏と二人で涙にくれながら慎ましく暮らしていました。
『実録』によると幽閉同然で母親以外との接触を禁じられ兄弟とも会えず、
母親以外の接触を発見したら通報せよという厳しいお達しが出ていたそうです。
ある日、大司憲パク・スクチン、右議政ホン・ウン、都承旨ホン・ギダルらに、
世継ぎの母ですし離宮に移されては?と進言された成宗が怒って大司憲を逮捕。
このような厳しい姿勢は、大妃にユン氏を許してほしい成宗のアピールでした。

ユン氏が宮殿を出てから三ヵ月後、後宮を対象に揀擇がおこなわれました。
新しい王妃が決まったら世継ぎを宮殿に連れ戻すつもりの仁粹大妃は、
生みの母より育ての母と昔から言いますしね♪といけしゃーしゃーと発言。
成宗はまったく気乗りしないのを大妃の前でも隠さず、大殿へ戻りました。
そうね王妃を選ぶ席には居づらいわよねとフォローした大王大妃(貞熹王后)に
後で仁粹大妃が「なんで居づらいんですか?」と真っ向からケチをつけてます。

揀擇の結果、安陽君を産んだチョン貴人ではなくユン淑儀が新王妃に決定。
(=貞顕王后/京畿道観察使ユン・ホの娘で左議政ユン・ピルサンのはとこ)
仁粹大妃は本当はチョン貴人やオム貴人のほうが好ましかったようですが
世継ぎの母親代わりを務めてほしいため息子がいないユン淑儀を選びました。
チョン貴人と手を組んでユン氏を追い出したと思われるのも嫌だし、
将来ユン氏の件で一派乱あっても名門に助けてもらえるという目算もあるとか。

ユン氏の私家に出入りしたのがバレた兄ユン・ウが厳罰を与えられました。
ユン・ウのことをかばうお育ちのよい王妃(貞顕王后)を仁粹大妃はほめ、
ちょうどユン家のようすを見に行かせようと思っていたところよ・・・と答えます。
成宗大喜び。さらに王妃は、ユン氏を宮殿に呼び戻しましょうと言ってくれます。
と・こ・ろ・が!ユン家にお使いに出されるパク内官をイム尚宮が呼び止め、
あーた大妃の言った意味がわかってんの?と何やら耳打ちしました。
宮殿からの使いをユン氏は正装して迎え、喜びのあまり泣き崩れます。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 162話>  | HOME | <「明成皇后」は今回は見送ります>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント