*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「同伊(トンイ)」あらすじ簡易版 26~30話>

「同伊(トンイ)」あらすじ詳細版(各話版)はこちら→1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話 51話 52話 53話 54話 55話 56話 57話 58話 59話 60話 あらすじ以外の雑談記事をまとめて読む

『謄録類抄』を入手したシム・ウンテクが、チャン・ヒジェにトンイの解放を要求。拘束されたウンテクを、義州に到着したソ・ヨンギとチャ・チョンス、妓生ソリらが救出した。義州を離れて都へ戻るトンイに、ウンテクは本物の『謄録類抄』を渡す。ヒジェが清の役人に渡した『謄録類抄』は、ウンテクが表紙を張り替えた偽物だったのだ。

ソ・ヨンギは、トンイが生きており義州でヒジェに狙われたことを粛宗に報告。ヒジェから義州での出来事を聞かされたオクチョン(王妃)も驚きに震え、形勢を有利にするためにある作戦を実行する。それは、みずから服毒して危篤状態に陥ることで廃妃ミン氏へ疑いを向けるというものだった。この結果、ミン氏の家は荒らされ、ミン氏と通じて王妃を狙った罪で監察府チョン尚宮やジョンイムが捕らえられる。

ムスリ(雑用係)として宮殿に入り込んだトンイは、粛宗に近づく機会をうかがっていた。ところが掌楽院のオ・ホヤンに目撃され、オ・ユンやヒジェの知るところとなり、命からがら宮殿から逃げ出した。その夜、町の酒場でトンイを懐かしんだ粛宗が、トンイを奏でているトンイを発見する。あの音色の主もわかり二重の喜びに包まれた粛宗は思わずトンイを抱きしめると、やつれたトンイを私家にかくまい御医を手配する。

内禁衛将として復職したソ・ヨンギが、王妃殺害未遂事件の再調査を開始。トンイは洗踏房で働いていたときにオクチョンの服から解毒作用のある緑豆を見つけたことを教え、事件が自作自演の可能性を示す。そんなある日、トンイが倒れて危篤になった。粛宗は自分の湯薬を使わせ、オクチョンは粛宗がトンイをかくまっていると気づく。

火事で消失したと思われていた内需司の帳簿が土の中から見つかった。帳簿が保管される書庫を襲わせたヒジェが、待ち構えていた内禁衛の兵に捕らえられる。帳簿発見はヒジェをあぶりだすための罠だったのだ。粛宗の気持ちが自分から離れたのを悟ったオクチョンは、牢獄のヒジェを訪ね、トンイをそばにおいたことを泣いて悔やむ。

オクチョンが義禁府に命じてチョン尚宮らを解放させると、南人派は引き換えにトンイの取り調べを求め始めた。粛宗は頑として認めず、業を煮やした南人派はトンイ抹殺を企む。だが私家は兵に守られており、トンイはミン氏訪問のため不在。ミン氏は粛宗とトンイが結ばれることを望んでいた。そんな折、トンイは自分が寵愛する宮女であると粛宗が発表する。トンイの安全を確保するための粛宗の決断だった。
スポンサード リンク
<「同伊(トンイ)」あらすじ簡易版 31~35話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ48話>

スポンサード リンク


トンイ、今BSでしているのを見ています!
私の韓国ドラマデビューは「チャン・ヒビン」だったので、トンイはすっごく楽しみにしてました♪

でも、各キャラがあまりにも違いすぎて、もう別の話みたい・・・
一番違うのは粛宗ですね・・・
あんなナヨナヨした人でしたっけ???

キャラの違いに戸惑いながらも、毎週楽しく見てるのだけど( *´艸`)

最後まで、チャン・ヒビンとかぶることなく・・・って感じですか???
少しは「あぁ、チャン・ヒビンであったあった!」ってなるシーンとかあるのでしょうか??
[ 2011/05/30 00:24 ] [ 編集 ]
mimiさま、こんにちは!コメントありがとうございます。


> でも、各キャラがあまりにも違いすぎて、もう別の話みたい・・・
> 一番違うのは粛宗ですね・・・

あはは!やっぱりキャラが違いすぎますよね!
名監督による、これまでにない禧嬪や粛宗の描き方だと思います。


> 少しは「あぁ、チャン・ヒビンであったあった!」ってなるシーンとかあるのでしょうか??

呪いエピソード系がちらっと出てきたりといったことはありましたが、
こっちの禧嬪とあっちの禧嬪はけっこう違っていたと思います~
[ 2011/09/19 16:23 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント