*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ43話>

昌徳宮での大妃(定順王后)の生意気な態度に相当ムカついた世祖は、
上王(端宗)夫妻をしっかり監督しろよな!と判敦寧府事ソン・ヒョンス(大妃父)にカツ!
父に下された命令を知った大妃はまた世祖への反感をあらわにします。

領議政チョン・インジが老衰を理由に二度めの辞意を表明して世祖を怒らせます。
右承旨ハン・ミョンフェは彼が辞職したがる理由として次の二つを挙げました。
まず、弟子のような集賢殿の学者たちが上王復位事件を起こしたこと、
ふたつめは雲剣を宴から排した件でハン・ミョンフェの責任を追及したことだと。
彼は儒者の柱なので私が辞職を引き止めてきますと世祖に言って大殿を出ると、
度量の小さい人だ・・・私と張り合ってどうするんだ?とつぶやくミョンフェ。
その後、チョン・インジを訪問して故事のたとえを出して説得しました。
朝廷に復帰したチョン・インジは、論じられていた上王追放に反対します・

上王復位事件以来、經筵もやめて、酒びたりになっちゃった世祖。
広い大殿の真ん中でひとりでフルコース膳を前にした姿は罰ゲームみたいです。
そんな折、左議政ハン・ファク@54歳が明からの帰路途中に逝去。
世子妃にとっては父である以前に師であり、彼女の学識と人柄は父親譲りでした。

ある夜、世祖はお忍びでハン家を訪ね、左議政のご遺体を迎えに行けと命令。
二人でお酒を飲みながら、信頼していた大物姻戚の死を悼みます。
私は殿下より長生きします・・・それが忠誠ですからと話すハン・ミョンフェ。
夫人に会わせてくれと世祖が常識はずれなことを言い出し、ミン氏と謁見します。
そこへお久しぶりな譲寧(ヤンニョン)大君の怒鳴り声が飛び込んできました!
逆臣を何人か失ったくらいで酒をぐたぐた飲んでなぜこんなに弱気なんですか?
政務に励んでください!私欲に目がくらんで甥を追い出したと言われますよ?と
伯父に叱咤された世祖はすっかり心を入れ替えたもようです。

この頃の朝廷は、領議政チョン・インジを筆頭に世祖の側近で固められていました。
右議政チョン・チャンソン、同副承旨キム・ジル同副承旨(告発した恩人を優遇とか)、
左賛成カン・メンギョン、右賛成シン・スクチュ、都承旨(秘書室長)ハン・ミョンフェ、
兵曹判書ホン・ダルソン、兵曹参判ク・チグァン、吏曹判書クォン・ナム、
礼曹参判ホン・ユンソン(礼曹はやっぱり似合わない)、吏曹参判ユ・スなどでした。
スポンサード リンク
<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ44話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ42話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント