*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 130話>

自分には親政する力が備わっていないから波風は立てたくないと承旨に話す成宗。
どうせ院相(ウォンサン)や勲旧大臣が反対するだろう・・・とも予測しています。
もう親政できるお年なのですから早くすべきです!と訴える右副承旨イム・サホン。
学者出身の左副承旨ヒョン・ソッキュはイム・サホンとは違い慎重な構えを示すと、
左議政ハン・ミョンフェ(上党君)の配下でない人材を成宗に推薦するのでした。

成宗が信頼する改革派の中心人物であるヒョン・ソッキュの字は徳璋(トクチャン)、
昌原(チャンウォン)出身で左参賛(チャチャムチャン)ヒョン・ヒョセンの息子です。
仲間のホ・ジョンは高麗(コリョ)の侍中(シジュン)ホ・ゴンの子孫であり、
後に廃妃問題が起こったとき中国皇帝の故事を挙げてただ一人反対した剛直な人。
おおらかな性格で流麗な文体を誇るもののちょっぴり軽薄なのがソン・イムで、
字は重卿(チュンギョン)、知中枢府事(チチュンチュブサ)ソン・ヨンジュの子です。
聡明かつ温和なチェ・スはそんな仲間たちの間を取り持つのが得意だったとか。
達筆で文武両道でイケメンと噂のチョン・ナンジョン(!)の字は国馨(クッキョン)、
号は虚白堂(ホベクタン)で、晋州牧使(チンジュモクサ)チョン・サの子でした。
対して、後に甲子士禍を起こすイム・サホンは元礼曹判書イム・ウォンジュンの子。
二人の息子がそれぞれに王の娘をめとったため、外戚として権勢を極めた人です。
(その嫁は、睿宗娘・顕粛(ヒョンスク)公主と成宗娘・徽淑(フィスク)翁主)

殿下が仁粹(インス)大妃から乳離れするまで親政はさせん!とハン・ミョンフェ。
親政を議題にも出せない領議政チョン・チャンソン(蓬原君)にイラつく仁粹大妃は、
王妃は誰にします?(=一人前だから親政させろ!)と大王大妃(貞熹王后)に迫り、
親政させたくてうずうずしている嫁に大王大妃が「摂政の件は少し待ってね」と言うと、
は?何のことですか?なぜ摂政をやめるのです?と仁粹大妃がしらばっくれてます。
(後で大王大妃が「仁粹がこわくて長生きできそうもない」と尚宮に笑ってました)
大王大妃は家柄のよいユン・ホの娘(=ユン淑儀)がお気に入りのようですが、
元都承旨ユン・ピルサンと親戚だから外戚がのさばりそうで嫌です~と仁粹大妃。
ってことでチョン貴人を次の王妃にしましょうという結論になりました。
世渡り上手なイム尚宮がさっそくチョン貴人に親切にしてあげていますよ。

今回は大人になった月山大君(仁粹大妃に冷遇され中)や夫人パク氏のほか、
逞しめ体型のおばちゃんになった王大妃(安順王后)と斉安大君@11歳も登場。
そして大殿に仕える有名なキム・チョソン内官も出てきましたよ~。
成宗とユン淑儀(ユン・ギギョンの娘@腹黒)の昼下がりのイチャイチャタイムを
仁粹大妃の突然の襲来から機転をきかせて守ってやっています。
そんな折、大王大妃の摂政を批判する匿名書が貼られるという大事件が起こります。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 131話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 129話>

スポンサード リンク


ハン氏に負けず邪悪ですよね。どんどんエスカレートしていきますよo(^-^)o
[ 2011/05/13 20:43 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは!

きつい性格のユン王妃、じっくり堪能しました♪
それにしても仁粹大妃のすごさが抜きん出ていたように思います。
仁粹大妃は本当にこわかった(メイク含)
[ 2011/09/19 15:34 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント