*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「女人天下」あらすじ 130話>

都摠府の軍士を放ったのは、キム・アンロ=キム・アルロ(希楽堂大監)でした。
兵は町の至るところに匿名書が貼り付け、宮中にも矢に結ばれた檄文をビューン。
その内容は希楽堂の処刑を望むもので、実はこれ、希楽堂の巧妙な企みでした。
シム・ジョン(華川君大監)の仕業に見せかけて追い込もうとしているのです。
匿名書は無視されるのが慣例ですが「陰謀じゃ?」と勘づく臣下もチラホラおり、
希楽堂を大嫌いなイ・オンジョク(晦斎)は「どうせ卑しい希楽堂の仕業だ!」。

イイ子な昌嬪が、判府事ユン・イムとヒ嬪の接触を王妃(文定王后)にご注進。
敵と通じていた後宮はやっぱりヒ嬪だったのか・・・と王妃は確信するとともに
忠誠あつい昌嬪と息子を守ってやると約束。この件で昌嬪とヒ嬪はケンカします。

ナンジョンにせかされた華川君が、灼鼠事件の再調査の件をまた持ち出しました。
具合の悪い孝恵公主を問招しろだとぉ!?と中宗は怒り、緘口令が布かれます。
そんな中、か弱き孝恵公主さまがついに永眠し、満を持して希楽堂が行動開始。
まず、公主の薨去を隠しておくことを息子の延城尉(公主の夫)に約束させ、
中宗に報告しようとする(←それが仕事なので)ヤン御医を拘束しちゃいます。
次に入宮し「噂を流した犯人を許さない」という世子の言葉を聞いてから便殿へ。
貼り紙で私のことが書かれた責任をとります!といきなり辞職を申し出ました。
この希楽堂の申し出で匿名書がバラまかれたのをはじめて知った中宗が大激怒。
「矢が宮殿に放たれたのは国への挑戦だ!犯人を探す!希楽堂を辞職させぬ!」。
そこへタイミングよく希楽堂の手下である都摠管(トチョングァン)が現れ、
事件はシム・サスン(華川君息子)の仕業と指摘して朝廷中を驚かせるのでした。

こんな勢力抗争に身を投じず、遠巻きに見ながら時期を待つ臣下もいました。
彼らは目をつけていたユン・ウォンヒョン承候官を訪問。徒党が生まれそうです。

孝恵公主がネズミ事件を認めたことを中宗に告げろと王妃を急がせるナンジョン。
しかし時すでに遅し!便殿ではヤン御医が公主の逝去を中宗に告げていました。
いつもの大げさな表情でナンジョンがうろたえてますが、今回は作戦失敗ですね。
スポンサード リンク
<「女人天下」あらすじ 131話>  | HOME | <「女人天下」あらすじ 129話>

スポンサード リンク


 花(華)川君大監さん秘密の場所でナンジョンさんに呼ばれましたね
おろおろしていまや(前から!?)威厳の欠片もナッシング♪
息子もなんとなく情けない感じでした。
[ 2010/04/27 14:34 ] [ 編集 ]
★甘酒さま

こんにちは~!

> 花(華)川君大監さん秘密の場所でナンジョンさんに呼ばれましたね
> おろおろしていまや(前から!?)威厳の欠片もナッシング♪

敬嬪→ナム・ゴンの下っ端という愛嬌キャラでしたが
おろおろするとほんとになさけな~い雰囲気炸裂ですよね。
息子も巻き添えくらってかわいそすぎます・・・
[ 2010/05/29 01:34 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント