*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ34話>

錦城(クムソン)大君たちとの密談を終えた寧陽尉(ヨンヤンウィ)が端宗を訪問。
姉・敬恵公主の夫である寧陽尉に端宗が譲位について打ち明けました。
(お子ちゃま二人が譲位について論じているシーンにはちょっぴり笑えます)
寧陽尉は錦城大君たちの動きを伝えて譲位に反対しますが
叔父上を害せるわけがない!滅多なことをするなと伝えろ!と端宗が止めます。

護軍ソン・ムンチが敵の手に落ちたのに気づかないまま錦城大君らは計画を続行。
敵方の動きをいちはやく悟った同副承旨ハン・ミョンフェが
左議政チョンインジと都承旨シン・スクチュに「コトを急ぐ」と報告します。
端宗3年(1455年)6月10日の夜、ミョンフェは全功臣に集合をかけました。
首陽(スヤン)大君に譲位受託を促そうと思ったからです。
しかし何も知らない首陽大君は朝廷で人事異動を発表。
右承旨クォン・ナム、左副承旨ク・チグァン、右副承旨ハン・ミョンフェ、
同副承旨にソン・サンムンを就かせて「わが国の才能勢ぞろい♪」とご満悦です。

そして夜、首陽大君の屋敷に功臣43名のうち38名が集まりました。
不参加5名はソン・サンムン、ホン・ユンソン、故ハン・ミョンジンとオム・ジャチ、
そして首陽大君でした。「あいつめ女を追いかけてるな!」との予想どおり
ユンソンは気に入った娘を嫌がる親の前で無理やり強奪中ですよ・・・。
譲位を受けることには首陽大君も夫人ユン氏も反対ですが、
姻戚のハン・ファク(首陽大君息子の妻の父)が譲位受諾の説得にかかり、
さらに錦城大君グループの計画を知らせて衝撃を与えます。
錦城大君らの計画の証人として連れて来られたソン・ムンチに、
謀反を企ててるのはお前らだ!と罵られてさらにショックを受けた首陽大君は、
「どんな場合でも殿下に危害を加えることは許さん!」と功臣に答えました。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 113話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ33話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント