*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<同伊(トンイ) 相関図 その4 監察府の人々>

★チョン・キイエ(鄭貴礼)
優秀で正義感が強く、後に最高尚宮になる。監察府の宮女になったトンイにとりたててやさしい態度をとることはなかったが、厳しく接しつつも遠くから見守るように保護していた。トンイが側室になってからは事件解決のためにしばしば宝慶堂入りして協力する。「チャングム」のミョンイ役の女優さんが演じている。

★ポン・マルグム(奉末今)
チョン尚宮の同期。キャラ的には「チャングム」のミン尚宮や「イ・サン」のキム尚宮と同系統。トンイが側室になったときに、監察府は優秀なチョン尚宮に任せて宝慶堂に異動する。「チャングム」へのパロディオマージュとしてか料理ベタという設定。トンイとの私家暮らしではポン尚宮に魚をさばかせるとダメにしてしまうので皆が触らせたがらないというシーンも。ソ・ヨンギにちょっぴり憧れている。

★ユ・ミン(劉米來)
チョン尚宮・ポン尚宮と同期。監察府最高尚宮の座を狙ってチャン・オクチョンと通じ、不正な方法でのトンイ追放に力を貸す。一時は最高尚宮の地位を掴むが悪事が明るみになる。トンイが厳罰を与えず平尚宮への降格で許してからは更生してトンイを支える側にまわり、めっきりおとなしくなった。

★エジョン(愛鐘)
ごつい子。監察府にいたがポン尚宮と共に宝慶堂付きとなる。51話の延礽君のセリフによると「(普通の宮女はネズミの死骸を怖がるけど)エジョンだけは怖がらず、生きたまま捕らえる」。

★ジョンイム(貞任)
真面目な優等生タイプ。NHK字幕では「チョンイム」と表記されている。おそらく名字はナム(45話でトンイが「ナム尚宮」と呼んでいた気がする)。チャン・オクチョンのコネで監察府に入ったトンイに反感を抱いていたが、トンイの能力を認めてからはよき同僚に。中盤で尚宮に昇格。トンイが側室になるとチョン尚宮とともに宮殿の正義のために尽力する。

★シビ(時非)
ユ尚宮の手先となりトンイを罠にはめるのに協力していた。罪が露呈しトンイに監察府復帰を許されてからは改心する。

★ウングム(銀今)
シビと同じくユ尚宮の配下。宮中に叔母の後ろ盾があるのを匂わせるセリフもちらりと出てきたが、特に本筋とは絡まないままだった。
スポンサード リンク
<同伊(トンイ) 相関図 その5 掌楽院の人々>  | HOME | <同伊(トンイ) 相関図 その3 朝廷主要人物>

スポンサード リンク


このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/04/20 23:28 ] [ 編集 ]
Mさま、こんにちは!
今回もご親切にありがとうございます。
読み返してみてあらら~と気づきました。
教えていただいて本当に助かりました。感謝いたします。
[ 2011/04/21 03:13 ] [ 編集 ]
基礎的な質問です。
最高尚宮と尚宮長とは如何様に異なるものなのでしょうか?
尚宮長がいわゆる「女官長」に相当する官職なのでしょうか?
分かりやすく教えて下さい。
よしなに。
[ 2011/06/06 17:24 ] [ 編集 ]
緑川夫人さま、初めまして!コメントありがとうございました。


> 最高尚宮と尚宮長とは如何様に異なるものなのでしょうか?
> 尚宮長がいわゆる「女官長」に相当する官職なのでしょうか?

あまり詳しくないので自信はないのですが・・・
私は以下のように認識しています。

・最高尚宮・・・その部署の長。たとえば水刺間を束ねる尚宮。部長みたいなもん。

・提調尚宮・・・全尚宮の中のトップ。最高尚宮よりもエライ。
(ドラマでは尚宮長や女官長と訳されることが多い)


それにしても緑川夫人って素敵なお名前ですね♪
またよろしかったらお気軽にお寄りくださいませ。
[ 2011/06/07 23:22 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント