*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<同伊(トンイ) 相関図 その3 朝廷主要人物>

★ソ・ヨンギ(徐龍基)
捕盗庁の従事官時代に、心の師と慕っていた検死官チェ・ヒョウォン(トンイ父)が実は剣契の首長で、父である副題学ソ・ジョンホ(徐政護)を殺したと知り衝撃を受ける。だが真実に疑いを持ち、チェ・ヒョウォンの娘トンイを探し続けていたところ、粛宗の側室になったトンイだったと知り驚く。粛宗への忠誠心があつく、トンイや延礽君をつねにサポートする頼もしい存在。終盤には内禁衛将に就く。無口で男らしく、おそらくこのドラマNO1のモテキャラ。

★オ・テソク(呉太錫)/南人派
チャン・オクチョン(禧嬪)の後ろ盾である南人派のドン。かつて南人派の長だった大司憲を亡き者にして剣契に罪を着せたという過去を持つ。権勢をふるっていたがチャン・オクチョンの凋落とともに勢力を失い、南人派の悪事を公にしたくないチャン・ヒジェ(オクチョン兄)によって消される。

★オ・ユン(呉潤)/南人派
オ・テソクの甥。義禁府の軍官。狙った敵を捕らえたり証拠を消したりと、南人派の実行部隊として重要な任務を果たす。ソ・ヨンギと牽制しあうライバル的存在。チャン・オクチョンが王妃から禧嬪に降格され南人派が一掃された際に流刑となる。昔から妓生ソリ(雪姫)に好意を抱いており、検問を通してやったこともある。

★チャン・ムヨル(張武流)/南人派
第一話で命を落とした大司憲チャン・イクホンの息子。公平な人物を装っているが、実はオ・テソクに復讐し南人派を掌握するためひそかにチャン・オクチョンと通じている。その後は仁元王后に近づき、トンイを追放しようと画策する。ドラマ登場時は漢城府庶尹。兵曹参判になるが、トンイの仕業に見せて世子を襲撃したのが露呈して打ち首となる。KNTV版では「チャン・ムリョル」と表記されることも。

★チョン・イングク(鄭仁国)/西人老論派
西人老論派の代表的人物。大妃(明聖王后)時代から登場し、仁顕王后が廃位され私家で暮らした際も支え続けた。「チャングム」のヨンノのおじさんが演じている。

★シム・ウンテク(沈雲澤)/西人老論派
側室だったチャン・オクチョンが王妃に冊封されるのに反対したことで義州に流されていた若き儒生。度胸があるお茶目キャラ。都から逃げて身を隠していたトンイに出会い、協力してチャン・ヒジェから『謄録類抄(トゥンロクユチョ)』を奪還する。トンイが宮中に戻ると、キム・チュンテクも王命で呼び戻されて司憲府入り。ソ・ヨンギらとともにトンイをサポートする。身分が低く後ろ盾のないトンイにとって、西人派サイドとの大切な調整役でもある。実在したキム・チュンテクがモデルと思われる。

★イム・サンヒョン/西人少論派
ドラマ終盤から登場する右議政。南人派と結束してチャン・オクチョンと世子を推す。オクチョンが賜死された後も、トンイや延礽君の台頭を防ごうとする。チャン・ムヨルとの共謀が露見して死罪に。
スポンサード リンク
<同伊(トンイ) 相関図 その4 監察府の人々>  | HOME | <同伊(トンイ) 相関図 その2 トンイ幼少時代の周辺人物>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント