*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ30話>

ハン・ミョンフェの長女バンウル@16歳が未来の義父シン・スクチュにご挨拶。
シン家との縁談はこの時点のハン家にとってこの上ない縁談だったでしょうね~。
そこへ時の領議政である首陽(スヤン)大君もお出ましになりました。
焦りまくる夫人ミン氏に、いつもどおりにすればよい・・・と諭すミョンフェ。
質素な家で粗末な酒膳を出された首陽大君がミョンフェの大物ぶりに感嘆してます。
(このドラマは無条件に「ミョンフェすごい!タダ者じゃない!」ってな設定ですね)

この事態に義母ホ氏は大喜びですが、「やっぱり男は官職が大事」と主張。
官職につきたがらないミョンフェをナンに説得してもらおうと言い出しました。
ところが首陽大君が「スクチュと姻戚になるなら釣り合いが大事!」と説得。
辞退したがるミョンフェを強引に正三品の同副承旨(トンブスンジ)に任じ、
楽浪(ナンラン)大夫人(=ユン氏)からの贈り物である赤い官服も渡しました。
ミョンフェは端宗に挨拶して笑わせた後、ソン・サンムン、シン・スクチュと談笑。
その席に、ソン・サンムンが礼曹参議になるというしらせが舞い込みます。

ハン・ミョンフェの弟ミョンジン@29歳が倒れていきなり重態に陥ります。
両親を早くに亡くした後はミョンフェが苦労して育ててきたこの弟は
癸酉靖難では靖難三等功臣になり典厩署に官職を得ていました。
首陽家も功臣もたいそう心配していますがそんなに重要人物だったとは意外です。
恵嬪ヤン氏とオム・ジャチ内官だけは「罪なき人を殺した罰だ」と嘲笑しています。
そしてミョンフェの祈りと看病も空しく、弟は逝去してしまいました。
朝廷は靖難三等功臣ハン・ミョンジンに嘉靖(カジョン)大夫兵曹参判を贈職。
襄悼(ヤンド)という諡号も与えて彼の死を哀悼しました。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ簡易版 71~80話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ29話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント