*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「同伊(トンイ)」あらすじ簡易版 1~5話>

「同伊(トンイ)」あらすじ詳細版(各話版)はこちら→1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話 51話 52話 53話 54話 55話 56話 57話 58話 59話 60話 あらすじ以外の雑談記事をまとめて読む

粛宗7年、大司憲殺人事件が発生。続いて南人派の両班が襲われ、次の標的は南人派の重鎮オ・テソクかにみえたが、実は彼こそが事件の黒幕であり、賎民の秘密組織「剣契(コムゲ)」に罪を着せるつもりだった。捕盗庁のソ・ヨンギ従事官は、身分は違うが心の師と慕うチェ・ヒョウォンに検死を依頼。一方、大司憲の最期に居合わせたトンイが、手がかりをソ従事官に渡した後、何者かに連れ去られてしまう。検死官は急ぎ剣契を召集した。トンイの父でもある彼は剣契の首長であり、掌楽院に勤めるトンイの兄チェ・ドンジュやその友人チャ・チョンスは組織の主要人物だったのだ。

トンイは誘拐されておらず問安婢(両班家の挨拶を伝える下人)を探す家に呼ばれていた。問安婢になれば美しい服が着られると喜んでいたトンイだが、兄は剣契の仲間ケドォラの家にトンイを隠す。投獄されていた証人が消され、トンイらが指名手配される中、「犯人は西人派ではなく南人派」という推測をトンイ父に示されたソ従事官は、父で副題学のソ・ジョンホに相談する。ソ副題学は外出中の粛宗を追った。

そんな中、剣契の書簡が南人派の手に渡る。偽の情報を受けた剣契が副題学を救おうと急ぐも、すでに副題学は息絶えており、その犯人として捕まった。トンイ父を信頼していたソ従事官は衝撃を受ける。危機一髪で逃げたトンイは、大司憲が絶命する前に伝えようとした手の合図と同じ動作をする宮女を町で目撃して驚く。その宮女が落とした蝶の鍵牌をトンイが拾うと、指名手配中の少女だと気づいた彼女はそっと逃がしてくれた。チャ・チョンスは護送路に火薬をしかけて仲間を逃がそうとするが追い詰められ、トンイの父と兄は矢に射られ、チャ・チョンスも岸壁から海に落ちた。

トンイとケドォラが人家に忍び込んで飢えをしのいでいたある日、ソ従事官らに捕らわれそうになり、大司憲の合図を目撃したと必死に訴える。ソ従事官が詳しく聞こうとすると、トンイの姿は消えていた。その後ソ従事官は、発見された見知らぬ女児の遺体を「剣契の首長の娘だ」と証言。トンイの捜索が打ち切られた。トンイ兄を愛していた妓生ソリ(雪姫)は、都で一番安全な宮殿であの宮女を探したいというトンイの頼みを聞いてやり、ファン・ジュシク主簿に頼んでトンイを掌楽院の奴婢にしてもらう。

6年後のある夜、トンイが奏でていたヘグムの音を耳にした粛宗が、再入宮させて側室にするつもりのチャン・オクチョンに聞かせたいと、音の主を探させる。奴婢が楽器を弾いていたと知られたくないファン主簿は事実を隠す。朝廷では、西人派の大臣たちが南人派を後ろ盾にするオクチョンの入宮にこぞって反対。大妃(明聖王后)も宴にオクチョンだけを招かない。心を痛めた粛宗がオクチョンの部屋で楽師に演奏させると、楽器の音が全く合わない不吉な「音変(ウムビョン)」が起こり、捜査が始まる。その頃トンイは鍵牌の絵を鋳鐘所で発見。さらにオクチョンがあの宮女に似ていると気づきようすを探っていた。そんな折、閉じ込められた小屋で鋳鐘所の編磬匠の遺体を見つける。
スポンサード リンク
<「同伊(トンイ)」あらすじ簡易版 6~10話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ26話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント